スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013東京インターナショナルオーディオショウに参加してきました

11/2~4に開かれた2013東京インターナショナルオーディオショウに参加してきました
愛知のイベントでは到底聞くことのできない国内に拠点を持つほとんどのメーカのフラグシップが聴ける年に1度のチャンスです
去年のイベントを今更書くって・・・

最初に立ち寄ったブースは太陽インターナショナルのブース
当然お目当てはAvalon Acoustics Isis

dCSのVivaldiのCDPやDACからJeffパワーのおそらくModel 925で鳴らしています
部屋半分の空気を背負っているだけあって圧倒的な臨場感とその場にいるかのような自然で立体的な音場でした
音質は私愛用のAvatarの同系の若干暖色でありながら、詰まった木の硬さを感じさせる穏やかで解像度のある音です
ただ低域だけは20年前の機種のAvatarとは若干思想が変わってきているらしく、底面のバスレフとダブルウーファーも相まってAvatarと似た硬さの中に広がりと柔らかさを感じさせる音色に変わっていました
Vivadiの力もあってかなり立体的になっていると思われます
Majik→Mund→Avatarで鳴らした時の延長線上(地平線の彼方??)にある音色と感じました
ちなみに試聴した曲はSarah BrightmanのDIVAでした
輝けるディーヴァ‾ベスト・オブ・サラ・ブライトマン (Sarah Brightman DIVA The Singles Collection)輝けるディーヴァ‾ベスト・オブ・サラ・ブライトマン (Sarah Brightman DIVA The Singles Collection)
(2006/10/04)
サラ・ブライトマン、アンドレア・ボチェッリ 他

商品詳細を見る

私もよく試聴曲に使用する曲ばかりだったので運が良かったです

次はVivid Audio GIYA3

新製品ということでGIYA2が隣に並んでいましたがほどんど3での試聴でした
B&Wの800や802シリーズとはまた違った素直さと程よく透き通った(BWは透き通り過ぎて不自然な時がある?)音でした
音場はIsisほどではないもののその小さな筐体からは想像できないほど広く、低域が若干パワフルでキレが良いです

他もいろいろ聞きましたが思い出したら色々書いていきたいと思います・・・





スポンサーサイト

ハイエンドショウトウキョウ2013に行ってきました



オーディオイベントのヘッドホン祭りは参加してきたにもかかわらず、
スピーカ関係のイベントには参加していないということに気づいた私はハイエンドショウに参加するのだった
東京有楽町「東京交通会館」という外苑前からしばらく歩くヘッドホン祭りの会場より非常に良い立地

・・・だったのですが、ハイエンドショウというには明らかにハイエンド感が無くメーカによってはエントリー機種が並ぶブースも有り、フロア貸切の割に2室が締切(空)という異様な光景にただ私は呆然としていました(あ、察し

その中でも珍しい、普段聞けない機種の試聴ができたので少しばかり感想を・・・
musikelectronic geithain ME901KA

パワーアンプ内蔵&イコライザ内蔵というプロ仕様モニタのスピーカー
しかし同軸の配置で音場感を自然になるように考えられている
イコライザは主に部屋の特性を考慮してフラットに調節するためのものだとか
もちろん会場の特性に合わせて有り主にジャズと教会音楽(合唱)を聴きましたが、
その合唱が素晴らしい鳴り方をしていたので椅子から転げ落ちそうになりました
定位が正確なのはジャズで分かっていたのですが、教会独特の天井が10mくらいの高さまで音が響く音場と定位がそのままスピーカーとスピーカーの間に現れたのはかなり驚きました
音はイコライザを使っているのでニュートラルで過不足無しな音でイコライザで調節するオーディオを舐めてはいけないと実感しました

Duevel Products Bella Luna

ヨシノブースということでNottinghamのターンテーブルでの再生を期待していたのですが、
ClearaudioのInnovation CompactとトラッキングアームTT3との組み合わせでした
セッティングに多少は凝っているようでしたが何故か観客席にはそのスピーカの良さもプレイヤーの良さも届かず
イマイチな印象、さらにトラッキングアームのトレース能力の高さは伝わるものの試聴用の盤の状態があまり良くなく静電気やホコリから来るノイズが目立っていました
もうちょっとやる気と気配りが必要だと思いました
それに比べるとバラッドブースはきちんとレコード盤の準備はしてきたらしくノイズも少なく、盤の選曲も完璧で流石メジャーなトーレンスを扱ってるだけあって慣れているなと思いました
こちらも不満がなかったわけでなく椅子を入場者が移動させて3面を使い分ける方式にしたのは配慮が足りないように感じました

こちらはデュナウディオブース

新製品を見せたいのはわかりますがハイエンドショーなのにハイエンド機種を持ち込まないという残念な状態
もうこの感じからしてハイエンドショーはかなりの衰退具合を見ることができます(音は聞いてません

その中でも頑張っていたのが逸品館でした(ほとんど孤軍奮闘状態

セッティングは若干低音が強めでしたが、経験から裏打ちされたしっかりとした独自の理論とセッティングを披露し注目を集めていました
ホームシアターでの音作りっぽかったのですが概ねスピーカの特性を生かしたブースでした
逸品館ではTAD Reference OneとPMC MB2SE IB2SEを聴きましたがどちらもモニターライクでフラットでありながら音色とその音場の広がり方に違いがありました
R1は広大かつ尊大になりながら繊細、PMCはザックザック切り込んでいく感じですかね

その後TLの関東メンバに混ぜていただき秋葉を案内していただきました
何も知らず愛知の片田舎から来た私にやさしくしていただいて大変ありがとうございます
eイヤホンやダイナミック5555、ハイファイ堂を巡り、電気街でコンセント部品を購入した後

秋淀のとんかつ屋で夕食、その後しばらくヨドバシをうろうろ&スピーカを鳴らした後でお別れを告げ
宿のある浅草へ・・・

2日目はハイエンドショーには行かず
昼飯のためにTLで知り合ったカメラ&オーディオクラスタと共に握り寿司へ
11時~11半の間に行列ができる某寿司屋で好きなものをたらふく食った後で秋葉散策
そこでまたeイヤに寄ったのですが昨日は見つけられなかったSR001があったので即決購入
そしてまたダイナミック5555などへ行っているとまたもやTLの某尿氏に合いそのままご自宅へお邪魔させていただきました

有名なこのマルチモニタシステム

両サイドに設置されたELAC BS403はDENON PMA-2000SE/REの2台でパワーアンプダイレクト&バランスアンプでスピーカを駆動させるかなりアンプにこだわった仕様

プリアンプは自作で特にボリュームには高価なアッテネータを使用した本格派
低品質なボリュームによる音痩せを極力排除したようです


スピーカの方はエージング中ということでまだ改善の余地があるそうですが録音して動画を上げてみました
是非ご覧ください


20時近くまでお邪魔させていただきました
帰りは夜行バスで色々動き回り疲れていたのでグッスリ寝て帰ることができました

今回はハイエンドショーには少しがっかりさせられましたが、
関東の若いオーディオクラスタと実際会い色々お話をすることができたことが一番の収穫でした
皆さん、お疲れ様でした
また来年(?)お会いしましょう!

続く→
キャプテン 柚子 600mlキャプテン 柚子 600ml
()
キャプテン

商品詳細を見る

ファッ!?

AK100購入!・・・とその他もろもろ


会社の都合で電車通勤が少し伸びたので前々から気になっていたモノを購入してみました
選んだ基準はスーツの胸ポケットに入る大きさ&ハイレゾ再生機種ということでAK100か120しかありません
ただ、MAJIK DS用にすべて音源はFlac統一している私にDSD再生する機会は無いし、
eイヤのセールでたまたま中古30kで出ているのを発見し確保しました
なお、2年ほど前17.8kで購入したCK4は中古で1,980円で売られていました(可哀そうな子…


現在、microSD 64GB + microSD 32GB + 本体32GBの合計128GBで運用しています
後のファームウェア更新でDSD対応となったのでDSD音源をそのまま突っ込んでたらあっという間に110GBくらいFlac音源と共にいっぱいになってしまいました
出力インピーダンス22Ωとイヤホンの組み合わせによっては眠たい音作りは気になる時はありますが、
iPhoneよりは音は良く何よりコンパクトなので毎日の通勤で大活躍中です


次に購入したのはハイエンドオーディオショウの時にeイヤで見つけたSTAX SR-001です
最近002が発売されましたがこいつはその前々機種だったかの初号機
パワーはさすがに電池を一本多く使う002より物足りないと感じますが、外出先でSTAXを聴けるのは変わりません
状態も良く8,900円だったので動作と音を確認した後で迷わず購入
イヤホンとは思えない音場と解像感で他のイヤホンとはやはり違うということを再確認しました


次はヤフオクで即決2万で出ていたLINN ADIKT
新品では65,000円とMMカートリッジではかなりの高級品です
トーンアームAKITOにピッタリ収まり、お気に入りのアートペッパーのレコードをかけたときは
その素晴らしいトレース能力とLINNらしい素朴でありながら繊細な音色にうっとり
ただ今まで買いそろえたEP盤のアニメレコードはボーカルが歪みっぽくなり
まだまだセッティングに爪が必要なのかそれとも諦めろという宣告か


最後にLINN AXISとほぼ同時期に登場したK18II カートリッジ
こいつも2万で落札しましたがADIKTが先に到着しトーンアームを占領していたため未だに聴けていません
やはりストレートアームはカートリッジ直付のため気軽に取り替えて比較は難しいのです

レコード一式といいカートリッジ集めといい、
いい加減散財しすぎなので反省タイムに入りたいと思います(買わないとは言っていない

adidas(アディダス) 空手着 トレーニング(大人用)上下セット ADI-KTadidas(アディダス) 空手着 トレーニング(大人用)上下セット ADI-KT
()
adidas(アディダス)

商品詳細を見る

iriver Astell&Kern 192kHz/24bit対応Hi-Fiプレーヤー AK100 32GB ソリッドブラック AK100-32GB-BLKiriver Astell&Kern 192kHz/24bit対応Hi-Fiプレーヤー AK100 32GB ソリッドブラック AK100-32GB-BLK
(2012/10/27)
アイリバー・ジャパン

商品詳細を見る

iriver Astell&Kern AK120 64GB ソリッドブラック (192kHz24bit対応デュアルDAC) AK120-64GB-BLKiriver Astell&Kern AK120 64GB ソリッドブラック (192kHz24bit対応デュアルDAC) AK120-64GB-BLK
(2013/06/15)
アイリバー・ジャパン

商品詳細を見る

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。