スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

final audio design Piano Forte IX (FI-DC1602SS) レビュー

final audio design Piano Forte IX

final audio design Piano Forte IX (FI-DC1602SS)のレビュー記事です。
このPiano Forte IXはfinal audio design ダイレクトショップにて72,000円で購入しました。
本当はPiano Forte Xが欲しかったりしたのですが流石に20万払うならスピーカ買ったほうが良いのでステンレスのこいつにしました。

音質レビュー
全体の音の傾向は中低音寄り。
高域はあまり伸びないが開放型のお陰もあって中域に近いところは比較的聴きやすい。
中域は若干反響したような音で柔らかい印象。
低域は重低音は出ないがキレが良く、量もしっかり出ている。
開放型なので音圧は上げにくいが低音の迫力もあってか室内でスピーカを鳴らしたような関節音を含んだ臨場感がある。
解像感はなかなか高いがかなりパワーのあるアンプでないとこのしっかり制動したような音色は出ない。
音場がかなり広く楽器と楽器の距離感がしっかり定位するので楽器のみの音楽はかなり強い。
分離感も良くしっかり音を分けて鳴らすが反響音っぽいものが入るので音の伝わってくる感じがする。
ギターやドラムの胴鳴りはかなり得意で音の余韻が気持ちが良い。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★
中音:  ★★★★☆
低音:  ★★★★☆

解像感:★★★★
音場:  ★★★★★
遮音性:☆
音漏れ:★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

その他
一番良く聞こえたのは据え置きアンプでフルディスクリートアンプのSHANLING PH100だった。
次に良く聞こえたのは高音寄りのCK4直刺し、他のプレイヤやポータブルアンプではあまり真価を発揮しないような気がした。
電子音、特に正弦波に近い音の方が綺麗な音が出て聞きやすく、
ロックやエレクトロのわざと歪ませたような音はボヤけて聞こえて解像感が悪いように感じた。
アコースティックギターなどはストリングスも綺麗で浮き出てくるような音になるので相性は良い。
基本的に大人しめで音が少ない方が相性が良いが、音が多くても女性ボーカルのゆったりとした曲はしっかりと音を濁らせず耳に届かせるので聴きにくくなることは無い。
装着感は前作DC1601よりかなり良くなっているので長時間の使用でも耳が痛くなることは無い。
低音の出方がフルレンジ一発のスピーカっぽくキレが良いのでそういうのがイヤホンで欲しいならありかも…

周波数特性(R)※マイク:WM-61A

Piano Forte IX
やはり重低音は出ていないが結構低音は150Hzを中心に出ている。
高域は4kHzのピークを過ぎてから減衰し続けていて、シンバルやサ行の高域の伸びが足りない。


Piano Forte IX,heaven c
同じ金属シリーズでもダイナミックとBAではかなり違う傾向。
ただPiano Forteがファイナルの目指してる音だとどこかで聞いた気がするので・・・


Piano Forte IX,IE8
ダイナミックハイエンド機種同士の比較1。


Piano Forte IX,Mile Davis Tribute
ダイナミックハイエンド機種同士の比較2。


Piano Forte IX,Piano Forte II
下位機種との比較。
なんと下位機種のほうが高域の伸びがよいようです。
ただ装着感は圧倒的にPiano Forte IXのほうが良いので低音の深みが違います。

ファイナルオーディオデザイン ステンレス削り出しイヤホン Piano ForteIX FI-DC1602SS FI-DC1602SSファイナルオーディオデザイン ステンレス削り出しイヤホン Piano ForteIX FI-DC1602SS FI-DC1602SS
(2011/04/21)
ファイナル オーディオ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

tag : レビュー イヤーチップ

Monster SuperTips Gel(スーパーチップ) イヤーチップ レビュー



Monster Miles Davis Tributeに付属していたSuperTips Gelのイヤーチップ レビュー記事です。

イヤホンに装着した図

内径の大きいイヤーチップはシリコンチューブのアダプタを咬ませてあります


装着感
私の耳に合うSサイズを装着。
サイズによるがSサイズでもあまり深く挿入しなくても良い。
圧迫感は強く、常に耳穴を広げるような力が働く。
表面の滑りは普通で耳穴を広げながら挿入すればスルリと入る。
口を開けて顎を大きく動かしても顎の骨が当たる音はしない。

音質
フラットで弱重低音が少し伸びる。
若干ボーカルが近くなった印象を受ける。
音場は少し狭まった感じがするが、定位感はそのまま。
低音の量はそのままで重低音が少し増えた感じがする。
しかし中音と高音の間くらいが煩くあまり音量を大きく取れない。
少し高音の伸びが減り、レンジが狭まった感じがする

その他
SE530に使用すると少し硬い音になったようになり曇りが無くなる。
Westone3にはTWFKの刺さりが出てきてクリアさが顕著に出る。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★☆
中音:★★★★★
低音:★★★★★

遮音性:★★★★★
音漏れ:

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
Monster Gel Tip

MONSTER CABLE Miles Davis Tribute MH MLD IEMONSTER CABLE Miles Davis Tribute MH MLD IE
()
モンスターケーブル

商品詳細を見る

tag : レビュー イヤーチップ

Altec Lancing UHP336付属ダブルフランジ イヤーチップ レビュー



Altec Lancing UHP336付属のダブルフランジのイヤーチップレビュー記事です。
5Proや3Stuを販売していた時のUEの10Pro、5Pro、3Stuには入っていたと思います。



装着感
挿入具合は普通~若干浅め。
圧迫感は比較的弱めで長時間の装着もあまり疲れない。
表面の滑りはやや良いで耳穴を広げなくてもスルリと入る。
口を開けて顎を大きく動かすとフランジ同士が擦れるような音がする。

音質
フラットで高域が伸びた印象を受ける。
音場は広がる感じがして、さらに定位感も若干良くなった。
高音の伸びが良くなったせいか音が軽やかになった印象を受ける。
高音が聴きやすくなり、レンジが広まった感じがする。

その他
10Proに装着しても自分の耳では安定しなかった。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★★
中音:★★★★★
低音:★★★★★

遮音性:★★★★
音漏れ:

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
UE 2dan


Ultimate Ears Super.fi 3 Studio(Black)Ultimate Ears Super.fi 3 Studio(Black)
(2007/09/28)
Ultimate Ears

商品詳細を見る

tag : レビュー イヤーチップ

Shure EATFL1-6 (3段) イヤーチップ レビュー



Shure SE530に付属しているEATFL1-6 (3段) イヤーチップレビュー記事です。



装着感
かなり耳の奥に入れるタイプで耳たぶを広げながら挿入した。
私の耳穴の場合3段目のフランジまでしっかり入る。
圧迫感は強く、常に耳穴を広げるような力が働く。
表面の滑りが良くなく少しベタベタとした感じなので挿入し辛い。
またノズル挿入口がフランジまで長いのでクニクニ曲がって挿入しづらい。
口を開けて顎を大きく動かすと皮膚に擦れてカサカサ音がする。

音質
弱中高音寄り。
若干ボーカルが非常に聞き取り易くなるが、高域が減った印象は無い。
音場は少し広がった感じがするが、定位感はそのまま。
低音が減るが軽い音にならない。
高域は中域が結構出ているからか刺さらない。

その他
SE530に使用すると少し硬い音になったように感じる。
Westone3にはTWFKの刺さりが抑えられるがクリアさが出てくる。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★☆
中音:★★★★★
低音:★★★★

遮音性:★★★★★
音漏れ:

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
Shure 3dan
赤:ER-4-18,青:Shure EATFL1-6
1kHz以上の波形がかなり変化している。
特に4kHzになだらかな山が出来ていて元のER-4-18とはかなり違う音調になっている。

SHURE トリプルフランジイヤパッド EATFL1-6SHURE トリプルフランジイヤパッド EATFL1-6
(2009/04/24)
SHURE

商品詳細を見る

tag : レビュー イヤーチップ

Etymotic Research ER4-14F (フォーム) イヤーチップ レビュー



Etymotic Research ER-4Sに付属しているER4-14F (フォーム) イヤーチップレビュー記事です。

イヤホンに装着した図



装着感
挿入の深さは普通、いったん潰して戻る前に耳に押し込むので装着は楽。
圧迫感は強く、常に耳穴を広げるような力が働く。
口を開けて顎を大きく動かしてもあまり音はしない。

音質
フラット~弱高音寄り。
若干ボーカルのクリアな感じが強まり、曲によっては少し刺さるが不快なまでは刺さらない。
音場はそのまま、定位感もそのまま。
人によっては高音の刺さりから聴き疲れが生じることもあるか

その他
SE530に使用すると高域のクリアさが増す。
Westone3にはTWFK独特の顕著に刺さりが出てくる。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★★
中音:★★★★☆
低音:★★★★☆

遮音性:★★★★★
音漏れ:

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
Ety Foam Gray
赤:ER-4-18,青:Etymotic Research ER4-14F
高域の共振峰が0.5kHzほど低いところに移動している。
共振峰の大きさは若干大きくなっている。

Etymotic Research フォームイヤーチップ7ペア  ER4-14FEtymotic Research フォームイヤーチップ7ペア ER4-14F
(2005/10/28)
Etymotic Research

商品詳細を見る

tag : イヤーチップ レビュー

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。