スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいち補聴器センター カスタムIEM Tunzシリーズ販売開始!

mカスタムIEM3

私がカスタムIEMを作る際にお世話になっている愛知県岡崎市にあるあいち補聴器センターがカスタムIEMを販売を始めたようです。

ラインナップは2機種。

1、プロモデル:Tunz Trio
Tunz 3
○ドライバー:3ウェイバランスドアーマチュアドライバー
       (ウーファー/サブウーファー/ツィーター)
○遮 音 性:最大30dB
○周波数特性:20~15,000Hz
○ケーブル長:52インチ(約132cm)
○価   格: 123,000円(税別)

説明
ワールドクラスの補聴器製造技術によって生み出される高精度イヤモールドが、これまでのイヤフォンにない、心地よい装用感と高遮音性を両立。3つの高性能ドライバーの豊かな音質をお楽しみ下さい。
こんな方にお勧め
–プロ、セミプロのミュージシャンの方。騒音難聴の防止(最大30dBのアッテネーション)


2、カスタムヘッドホン:Tunz Duo
Tunz 2
○ドライバー: 2ウェイバランスドアーマチュアドライバー
       (ウーファー/ツィーター)
○遮 音 性: 最大30dB
○周波数特性: 20~15,000Hz
○ケーブル長: 52インチ(約132cm)
○価   格: 100,000円(税別)

説明
上位モデルと同一クオリティのイヤーモールドを採用することで、ウレタンやシリコンなど用いたイヤーパットでは得られないフィット感を実現。軽快さ・手軽さを追求したスタンダードモデルです。
こんな方にお勧め
–音楽を高精細、高品質な音質で楽しみたい方
–自分だけの特別なオリジナルイヤフォンがほしい方


ケーブルは写真とスペック表から着脱式ではないようです。
他社の国産カスタムIEMと比較しても少し割高でしょうか?
ただ専門の補聴器メーカがモールドを作成するので装着感の良さは期待できると思います。
あとあいち補聴器センターは補聴器のデザイン性上げファッションとして楽しめるようにデコ補聴器を行っていることで有名です。
もちろんこのカスタムIEMもデコ代¥1,000~3,000(片耳)を行っているらしいのでデコイヤホンの欲しい女性の方にお勧めです。

試聴機があるなら少し足を伸ばして聴きに行ってみようと思います。
ヘッドホン祭や名古屋のオーディオフェスに出展していただけると愛知のオーディオがまた盛り上がりますね。

ちなみに据え置きにも手を出した私にはちょっと手を出せない価格です…
珍しい学割システムがあるので学生の方は購入を検討してみては?
スポンサーサイト

tag : カスタムIEM ニュース

1964 Ears 新カスタムIEM 1964V3の発売を発表



http://www.facebook.com/photo.php?fbid=459589304074402&set=a.128535777179758.13921.128535227179813&type=1&theater

1964Earsの新しいカスタムIEMの1964V3の発売が決定しました。
価格はかなりお買い得の425ドル、発送は8月1日のようです。
発表からそんなに時間が無いので1日は流石に間に合わないと思いますが…
したがってあらかじめオーダーしておけば8月の始めに手に入るかもしれません。
ただオーダシートには1964V3は選択できないようになっているのでメールでやり取りが必要だと思います。

同じ1964-Tとの相違点は同じ3ドライバでも2ウェイから3ウェイになりました。
公式の発表によるとより豊かな低音、より魅力のある中音、変わらない美しい高音とあるので、
前機種(?)の1964-Tの高音は評判がよかったようですね。(耳の相性の関係で私以外になっちゃいますけど…)

各社3Wayの定番のBAドライバの構成はCI22955(低域)+TWFK(中高域)なのですが、
公式の言ってる変わらない美しい高音ということで高域、低域はED-29689、CIそのままで中音にDTECのシングルのTECを入れてくれないかなーと思ってたり…
ただそれだとネットワークが複雑になり開発費用、人件費、原価が上がりとても425ドルじゃ売れないと思うので定番のCI22955(低域)+TWFK(中高域)が高いと思います。
きっちり周波数を分けているなら私の妄想した構成ではCI22955にローパスフィルタ、TECにバンドパスフィルタ、ED-29689にハイパスフィルタを自社で入れなければいけません。
それに比べて定番のTWFK+Ci構成ではCIにローパス、TWFKはCIの低音に被らせてそのままかTWFKのロー側をローカットするだけで良いのですから…

私は1964のサポート体制とシェルやケーブル、ケースの出来が良いので結構好きだったりします。
中国の人件費の面で有利なメーカが乱立する中、アメリカ発の新興メーカなのもあって個人的に応援してます。
据え置きのスピーカ+アンプ買ってお金に余裕があったらオーダしちゃうかも…
早く公式サイト+オーダシートも対応して注文しやすくなって欲しいものですね。
あと海外の人のレビューも欲しかったり

tag : カスタムIEM

第七回愛知ポータブルオーディオオフ (レビュー)

第7回愛知ポータブルオーディオオフで聴いた機器のレビューです。

ER-4S Remold Rooth

全体のバランスは中高音寄り。
グラフではかなりの高音寄りのようですが中域もしっかり出ていて刺さって気になるようにはなりませんでした。
解像感、音場はER-4Sそのままですが若干低音が減った気がします。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★☆


STAX New SR-3

40年前のSTAXのコンデンサイヤースピーカ。
フラットだが若干重い低音が弱いか。
すっきりしていて、弱クリアな印象で音場は狭い。
解像感は少し高いが40年前のヘッドホンELEGA DRシリーズ系統の音質を考えるとかなり高音質と言えるのではないだろうか。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★★


headroom Pico SLIM

カラーリングが珍しいパープル。
Picoより駆動力は低めの印象だが中域の綺麗さは健在。
高域が刺さりにくいがキレは失われず、丁寧に鳴らしこむ印象。
まとまりがあっても音場は狭くならず臨場感を感じられる。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★★


ALO Continental V2

フラットでクールな音。
解像感が高く、音場も広いが高域が時々痩せて聴こえることがあるので合わせるイヤホンは注意したほうが良いのかも。
音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★★


CEW AUDIO TA-3Ⅱ

単三電池8本の超弩級アンプ。
使っている真空管はおそらくデフォルトのものでしょう。
フラット~若干低音強め。
全体的に丁寧で解像感高く鳴らすアンプで音場も広い。
ギャングエラーもなくヘッドホンだけでなくイヤホンでも使えるほどしっかり作られている。
内部も見せてもらいましたがハンダづけはかなり綺麗。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★★☆
低音:  ★★★★★


あとオフ始まる前にビッグカメラに寄りPF IX,VIIIを試聴しなおしてきました。
近々それに関わるIYHするのかもしれません。

◆◆国内正規品◆ヘッドアンプ◆ Headamp Pico Slim USB 電源◆Purple◆ヘッドホンアンプ◆◆◆国内正規品◆ヘッドアンプ◆ Headamp Pico Slim USB 電源◆Purple◆ヘッドホンアンプ◆
()
HeadAmp

商品詳細を見る

STAX(スタックス) 静電型イヤースピーカー SR-009STAX(スタックス) 静電型イヤースピーカー SR-009
()
STAX(スタックス)

商品詳細を見る

tag : イベント レビュー カスタムIEM ヘッドホンアンプ

第七回愛知ポータブルオーディオオフ (画像)



第七回愛知ポータブルオーディオオフに行って参りました。
今回はその画像だけお楽しみ下さい。
※このページは大きな画像ファイルを使用しているので重いです。ご注意下さい


自分のブースはポータブル中心                      こちらのコンセントはオーディオ用


Grado SR-325                              hifaceのDDC


高額、高音質STAX SR-009                         009購入の際付いてきた布製カレンダ


中域の音質に定評のあるPS1(初期型)                 愛知のオーディオクラスタはこういう曲を聴く


STAX SR-507                               シグネチャー


PS1のコントローラが写りこむとシュール               愛知のオーディオクラスタはこういう曲を聴く
 

UE 4Pro(個人的には7Proより好きな音だったりする)             ポータブル仕様Dr.DAC


マカロンイヤホンケース                          ER-4S Remold Rooth


Cew Audio TA-3Ⅱの内部(ハンダ綺麗)                    ポータブルではかなり分厚い


・・・                                    今回はかなりカスタム少なめ


高級感のある009の説明書                          コンチV2


Solo                                    こっちのタップは・・・


009再び                                   P・M・A!P・M・A!


71A                                     Westone4R Zephoneリケーブル


何気に愛知オフ初登場のHifiman               Porta Tube+(Go-VibeのVRの選別が悪いのかギャングエラーがが・・・)


ドライバも最高峰                          こんな装備で来るなんてポータブル?


珍しいSTAX New SR-3                         Yulong SABRE D18


SR-3はスピーカ端子→トランスで鳴らします               パープルカラーPico SLIM


愛知のオーディオクラスタは(ry                    シグ


アンプ?いいえDAPです                      009ケースとSTAXタワー


CDドライブの振動を抑える御影石                   


USBノイズキャンセリング                      W3000ANV


HUD-MX1                              UM Mage(なんかかわいいアートワーク)


aikoファンの18Pro                         ゼン HD600


3Stu リケーブル                          DA100


Schiit Lyr                             STAX 009の桐の箱


ポタアンタワー                        アンプタワー(本当にポータブルオーディオオフかぃ?)

撮影はNikon D3100(標準レンズ)

スタックス コンデンサー式イヤースピーカーシステムSTAX SRS-4170 SRS-4170スタックス コンデンサー式イヤースピーカーシステムSTAX SRS-4170 SRS-4170
()
スタックス

商品詳細を見る

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3200BK ボディ ブラックNikon デジタル一眼レフカメラ D3200BK ボディ ブラック
(2012/05/24)
ニコン

商品詳細を見る

tag : イベント オフ会 ヘッドホンアンプ カスタムIEM

Unique Melody Triple.FI 10X6 (TF18Pro) レビュー



Unique Melody Triple.FI 10X6 (TF18Pro)のレビュー記事です。
Triple.FI 10X6は友人のものを試聴させてもらいました。



音質(主にSE530X6、元の10Proとの比較になります)
音の傾向はフラット~弱ドンシャリ。
高域がSE530X6より地味でシンバルなどがプラスチッキーに聞こえる。
中域の音場がSE530X6より狭く感じられ、10Proらしい広い音場は残っておらずいたって普通な印象。
低音の量はSE530X6より少なくモニターライクになっている。
解像感は中低音を中心に良いが元の10Proや同時期にラインナップに並んだSE530X6より高域の魅力が無くなった印象。
定位は良いが音場は普通、全体的に元の10Proより地味になった印象。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★★

解像感:★★★★★
音場:  ★★★☆
遮音性:★★★★★
音漏れ:
(五個で満点、☆で0.5点)

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
SE6X3 TF18pro
赤:SE530X6,青:TF10X6

高域と低域がかなり違います。
非常に似ているドライバ構成だったはずでしたがUMではネットワークやフィルタで違いを持たせているのでしょうか?
それとも友人のものは使っていくうちにBAが劣化もしくはフィルタが汗や皮脂を吸っておかしくなったとか?


赤:10Pro,青:TF10X6

10X6 Miracle
赤:Miracle,青:TF10X6

ちなみに下が付属していたグラフです。

これをみるとおそらく使っていくうちに劣化していったのかもしれません。
下がSE530X6のグラフ。

しかし比べてみると元々高域の伸びに5dBほどの差があるので530X6のほうが高域の伸びが良いのかもしれません。

Ultimate Ears TripleFi 10 Noise-Isolating Earphones 並行輸入品Ultimate Ears TripleFi 10 Noise-Isolating Earphones 並行輸入品
()
Windows

商品詳細を見る

tag : レビュー カスタムIEM

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。