スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のヘッドホン祭 2012に参加してきました。



お仕事の残業が厳しい中なんとかヘッドホン祭に参加できました。
プランは1泊3日夜行バスの旅。
土曜日でも浅草橋にホテルを借りることが出来非常に移動し易かったです。

一日目
仕事場から直でバスに乗り、朝6時に東京駅につき御茶ノ水の銭湯で朝風呂してさっぱりしてヘッドホン祭会場に入場。
ゾネの新作発表会の一般枠を希望して一足早く会場入り。
一般希望者が10名のうち私を含め2人しかいなかったため記者向けのプレゼントの余りをいただきました。
それがなんとHFI-15G、市販価格で1万円相当のヘッドホンです。


新製品5機種を着けたモデルと並ぶCEOとCOO

Music TO GO!のSasakiさんの質問に答えるCEO(Willberg氏)とCOO(Willberg氏)。

e8のジュリア(ドイツ語でジュリエット)とロミオ。
同社のイヤホン IQの着脱式ジャックを搭載したe8のリケーブル対応モデル。

そして今回初参入となるイヤホンモデルのTioとIQ。

試聴した感じだとシングルドライバのTioのほうが音の完成度が高く、音場も広く自然でイヤホンを付けている感覚を忘れさせてくれるため非常に魅力的に感じた。
IQは複数ドライバのノウハウが少ないのかそれとも試聴機のエージングが少ないためか高域が粗く音場も狭く感じられTioほどの完成度は感じられなかった。

最後にSignatur DJ

音質はedition 8とedition 9の中間だったSignature(無印)の音をedition 9に振った感じで低音寄りのドンシャリ。
解像感はe9やe8に適わないものの気持ちよく聞かせる印象が強く良いチューニングを行えているように思えた。

次は須山の萌音。

試聴機なのに吸い付くようなフィット感にまず驚き、その音の完成度も中々。
低音の密度が非常によく体の真に届く音で中高域の滑らかさが目立った。
従来のFit Earシリーズより低音が強めでありながらボーカルが気持ちよく聴けるイヤホンに仕上がっているように思う。
たしかにコンセプトのアニソンに合いそうだが結構オールマイティに活躍しそうなチューニングではないだろうか。

お次はブースではなく個人の方が聞かせてくれたUEのUE900。
メーカ直ではとりあってくれなかったそうで、輸入代行を利用して入手したそうだ。

高域の伸びが若干10Proより悪くなっているようだがシンバルの軽快かつ突き抜けるな感じは10Proの名残を感じさせる。
全体的に10Proの中域の不自然さが無くなりボーカルが聴きやすくなった印象。
音場はUEのカスタム機種と同等か少し狭いか。

次はfinal audioブース。

PF Xを無性に聴きたくなりじっくり試聴。
やはりIXより高域の伸びがよくフラットかつ制動の効いた音で非常に魅力的な音だった。

しかし本来の目的は新製品のheaven II。

高域が粗々しくよく刺さる元の高域の特性にクセのあるドライバをそのまま出してきた感じだ。
heaven cより高域の刺さる範囲が広く、高域の好きな人は受けつけるだろうが高域に敏感な私みたいな聴覚の人は気に入ることは難しい。

次にStereo誌の1月号付録予定のLuxman LXA-OT2。

バッファ部分にGRADOのヘッドホンアンプRA-1に使用されたNJM4556を2つ使いながらもローノイズで中々好印象。
パッと聴いてHifiな音とは感じなかったが3000円弱でこれが手に入ると思えば安いものだ。
ただ電源ON/OFFのスイッチが無くUSBに刺したら電源が付く仕組みのようだ。
私は改造用に1台、そのままで使う用に1台欲しいと思った。

次にORBブースで新しいヘッドホンアンプを試聴。
ORB ピュアオーディオクオリティヘッドホンアンプ JADE casa black オーブORB ピュアオーディオクオリティヘッドホンアンプ JADE casa black オーブ
()
ORB オーブ

商品詳細を見る

音の線が太いながら解像感が高く、非常に高品質なアンプでした。
メーカの方は5万円で10万円クラスのP1uにだって勝てると豪語していましたが、確かに音の作りはハイエンド機種に対抗したような堅実で繊細さを兼ね備えたバランスの良い製品でした。

会場を出る前にタイムロードブースに再び立ち寄ったところChordette GEMがアウトレット価格1万円で売られていたのでGreenをお買い上げ。
タイムロード様様です。
Chordette GEM GN グリーン Bluetooth/USB DAコンバーターChordette GEM GN グリーン Bluetooth/USB DAコンバーター
()
CHORD

商品詳細を見る


その後、秋葉原に立ち寄りオシロ用のプローブを買ってホテルで休みました。
これで1日目は終了。→2日目に続きます。

UE 900 Noise-Isolating Headphones 【平行輸入品】UE 900 Noise-Isolating Headphones 【平行輸入品】
()
Ultimate Ears

商品詳細を見る

ウルトラゾーン マイク&コントローラー搭載バランスドアーマチュア密閉型カナルイヤホンULTRASONE TIO TIO(ウルトラゾ-ン)ウルトラゾーン マイク&コントローラー搭載バランスドアーマチュア密閉型カナルイヤホンULTRASONE TIO TIO(ウルトラゾ-ン)
()
ULTRASONE

商品詳細を見る
スポンサーサイト

tag : イベント レビュー ニュース ヘッドホンアンプ

第七回愛知ポータブルオーディオオフ (レビュー)

第7回愛知ポータブルオーディオオフで聴いた機器のレビューです。

ER-4S Remold Rooth

全体のバランスは中高音寄り。
グラフではかなりの高音寄りのようですが中域もしっかり出ていて刺さって気になるようにはなりませんでした。
解像感、音場はER-4Sそのままですが若干低音が減った気がします。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★☆


STAX New SR-3

40年前のSTAXのコンデンサイヤースピーカ。
フラットだが若干重い低音が弱いか。
すっきりしていて、弱クリアな印象で音場は狭い。
解像感は少し高いが40年前のヘッドホンELEGA DRシリーズ系統の音質を考えるとかなり高音質と言えるのではないだろうか。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★★


headroom Pico SLIM

カラーリングが珍しいパープル。
Picoより駆動力は低めの印象だが中域の綺麗さは健在。
高域が刺さりにくいがキレは失われず、丁寧に鳴らしこむ印象。
まとまりがあっても音場は狭くならず臨場感を感じられる。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★★


ALO Continental V2

フラットでクールな音。
解像感が高く、音場も広いが高域が時々痩せて聴こえることがあるので合わせるイヤホンは注意したほうが良いのかも。
音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★★


CEW AUDIO TA-3Ⅱ

単三電池8本の超弩級アンプ。
使っている真空管はおそらくデフォルトのものでしょう。
フラット~若干低音強め。
全体的に丁寧で解像感高く鳴らすアンプで音場も広い。
ギャングエラーもなくヘッドホンだけでなくイヤホンでも使えるほどしっかり作られている。
内部も見せてもらいましたがハンダづけはかなり綺麗。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★★☆
低音:  ★★★★★


あとオフ始まる前にビッグカメラに寄りPF IX,VIIIを試聴しなおしてきました。
近々それに関わるIYHするのかもしれません。

◆◆国内正規品◆ヘッドアンプ◆ Headamp Pico Slim USB 電源◆Purple◆ヘッドホンアンプ◆◆◆国内正規品◆ヘッドアンプ◆ Headamp Pico Slim USB 電源◆Purple◆ヘッドホンアンプ◆
()
HeadAmp

商品詳細を見る

STAX(スタックス) 静電型イヤースピーカー SR-009STAX(スタックス) 静電型イヤースピーカー SR-009
()
STAX(スタックス)

商品詳細を見る

tag : イベント レビュー カスタムIEM ヘッドホンアンプ

第七回愛知ポータブルオーディオオフ (画像)



第七回愛知ポータブルオーディオオフに行って参りました。
今回はその画像だけお楽しみ下さい。
※このページは大きな画像ファイルを使用しているので重いです。ご注意下さい


自分のブースはポータブル中心                      こちらのコンセントはオーディオ用


Grado SR-325                              hifaceのDDC


高額、高音質STAX SR-009                         009購入の際付いてきた布製カレンダ


中域の音質に定評のあるPS1(初期型)                 愛知のオーディオクラスタはこういう曲を聴く


STAX SR-507                               シグネチャー


PS1のコントローラが写りこむとシュール               愛知のオーディオクラスタはこういう曲を聴く
 

UE 4Pro(個人的には7Proより好きな音だったりする)             ポータブル仕様Dr.DAC


マカロンイヤホンケース                          ER-4S Remold Rooth


Cew Audio TA-3Ⅱの内部(ハンダ綺麗)                    ポータブルではかなり分厚い


・・・                                    今回はかなりカスタム少なめ


高級感のある009の説明書                          コンチV2


Solo                                    こっちのタップは・・・


009再び                                   P・M・A!P・M・A!


71A                                     Westone4R Zephoneリケーブル


何気に愛知オフ初登場のHifiman               Porta Tube+(Go-VibeのVRの選別が悪いのかギャングエラーがが・・・)


ドライバも最高峰                          こんな装備で来るなんてポータブル?


珍しいSTAX New SR-3                         Yulong SABRE D18


SR-3はスピーカ端子→トランスで鳴らします               パープルカラーPico SLIM


愛知のオーディオクラスタは(ry                    シグ


アンプ?いいえDAPです                      009ケースとSTAXタワー


CDドライブの振動を抑える御影石                   


USBノイズキャンセリング                      W3000ANV


HUD-MX1                              UM Mage(なんかかわいいアートワーク)


aikoファンの18Pro                         ゼン HD600


3Stu リケーブル                          DA100


Schiit Lyr                             STAX 009の桐の箱


ポタアンタワー                        アンプタワー(本当にポータブルオーディオオフかぃ?)

撮影はNikon D3100(標準レンズ)

スタックス コンデンサー式イヤースピーカーシステムSTAX SRS-4170 SRS-4170スタックス コンデンサー式イヤースピーカーシステムSTAX SRS-4170 SRS-4170
()
スタックス

商品詳細を見る

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3200BK ボディ ブラックNikon デジタル一眼レフカメラ D3200BK ボディ ブラック
(2012/05/24)
ニコン

商品詳細を見る

tag : イベント オフ会 ヘッドホンアンプ カスタムIEM

SHANLING PH100 レビュー



SHANLING PH100のレビュー記事です。
PH100は2010年1月ごろebayにて22,000円で購入しました。
AKG k702を購入とほぼ同時期にインターネットで相性が良いとの評判を聞き購入。
SHANLING PH100はフルディスクリートの据え置きアンプです。
型番からよくヘッドホンディストリビュータのFOSTEX PH100とよく間違われます。
回路配置がオーテクのAT-HA5000とに似ていると言われていますが詳細な回路図が無いのでなんとも言えません。

HA5000の大きな画像が無かったのでHA2002の内部回路を載せます


見た目
フロントパネル                               バックパネル


消費電力25W                                 SHANLINGシール


トップ                                    ボトム


内部
結構密集しています                              アンプ回路部分


CD側カップリングコンデンサはMUSE BPとWIMAをパラってます            パスコンはニチコン VK(M)


FET近くのセメント抵抗                             ボリュームはアルプス製


発熱の大きいFETはしっかりケースに固定されたヒートシンクに固定されています    トランスはEAGLECRISE社製


使われている部品の種類(表面で確認できる+分かる限り)
コンデンサ
WIMA EQ 0.047uF/100V(CDライン カップリングコンデンサ)
nichicon MUSE BP 100uF/16V(CDライン カップリングコンデンサ)
nichicon Finegold(アンプ回路部分・電源部分)
nichicon FW(アンプ回路部分)
nichicon VK(M) 6800uF/25V(パスコン)
抵抗器
CQC 0.1uF/5W(FET付近)
TAKMAN REY(アンプ回路部分)
ALPS 100kΩ/Aカーブ(ボリューム部分)
トランス
EAGLECRISE社製 24VA PH100用(電源トランス)

トランス以外は日本の部品とドイツWIMAの部品で結構豪華ですね。
電源トランスは中国EAGLECRISE社製で少し不満はありますが日本のオーディオグレードを使ってたらもっと高価になりますよね。

音質レビュー
フラット~弱低音寄りで穏やかな音の中に芯の通った印象がある。
解像感は結構高く音に広がりがあり、音場が広く自然な3次元的な広がり方をする。
反面定位感は若干浮いた印象を受けますが解像感はしっかりしているので安心して聞ける。
低音の広がりが良くHFI-780、k702の低音が表現力豊かに艶の乗った感じになり響きやすくなる。
ギターのストリングスのキツさは若干抑えられるが解像感の落ちた感じはせず、心地よい音を耳に届ける。

その他レビュー
ホワイトノイズ、ボリュームのガリノイズは皆無で、電源ON時のポップノイズも高級機によく搭載されている遅延回路でカットしてあります。
しかしコンセントタップが悪いのかインピーダンスが低く、感度の高いイヤホンでは左側にジーっとわずかなノイズが出ています。
据え置きだけあってパワーがありT1もボリュームメモリ4あたりで楽々ドライブ出来ています。
もちろん歪んだり薄っぺらい音になりません。
フルディスクリートで大電力を使ったヘッドホンアンプならでわでしょう。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★★☆
低音:  ★★★★★

解像感:★★★★☆
音場:  ★★★★☆
駆動力:★★★★☆
携帯性:★
電源 :★★★
(五個で満点、☆で0.5点)


FOSTEX ヘッドホン・ディストリビューター PH-100FOSTEX ヘッドホン・ディストリビューター PH-100
()
FOSTEX

商品詳細を見る

audio-technica ヘッドホンアンプ(50周年モデル 限定200台) AT-HA5000ANVaudio-technica ヘッドホンアンプ(50周年モデル 限定200台) AT-HA5000ANV
(2011/11/18)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る

tag : レビュー ヘッドホンアンプ

STRV's工房 HA10mini (Black Gate FK & Super TWIST Ver.) レビュー



STRVさんが設計、販売しているHA10mini基盤を組み立てたものです。
掛かった費用は約7,000円。
部品に電解コンデンサRubycon Black Gate FK 1000uF、フィルムコンデンサRubycon Super TWIST L 0.1uF、
抵抗にPRP PR9372を使用しました。
ケースはスペースの関係上公式推奨のものではなくタカチのGHA7-3-11Dを改造して使用。

見た目





電池は普段Sanyo eneloopyを使用しています。

音質レビュー
音のバランスはフラット~弱高音寄りで少し高域が鋭く刺さるように感じる。
全体的に締まった音質になるので音場が狭まった印象になる。
しかし電解コンデンサのBlack Gateの影響か低音は若干ふくよかでジャズやクラシックを聴くと顕著に出る。
音場は普通、定位、分離感は少し良い、解像感は高いが若干Sharpsに及ばない。
ボーカルの高音域が若干痩せた印象を受けるので聴く曲を少し選ぶ。

その他レビュー
フロアノイズは無いが、ボリュームの質が悪いのかガリノイズが7、8時のところで酷い。
スイッチをつけた時にSharpsほどではないがポップノイズ出る。
また動作電圧の調節次第だが直流分が若干出るので注意したい。
カップリングコンデンサが挿入されていないので直流分が出るDAPと繋げるときは注意。
駆動力は高くT1でも鳴らせるが低音が物足りない。
正確な測定はしていないが電池の持ちは良いので一日で切れるということはない。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★☆
低音:  ★★★★☆

解像感:★★★★
音場:  ★★★
駆動力:★★★
携帯性:★★★☆
電池 :★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

まだ一枚基盤のストックがあるので今度は公式のケースでコンパクトに作ってみたい。

STRV's BLOG
http://strv.blog.shinobi.jp
HA10mini PCB(Rev.1.3.) - 単三×2本 ヘッドホンアンプ基板 - Bispa
http://bispa.co.jp/552

関連記事
HA10miniを測定してみた。RMAA編
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-92.html
HA10miniを作ってみた。
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-90.html


SANYO NEW eneloop 単3形4本 HR-3UTGB-4SANYO NEW eneloop 単3形4本 HR-3UTGB-4
(2011/11/14)
三洋電機

商品詳細を見る


(STRAIGHT/ストレート) はんだごて 40W 19-940(STRAIGHT/ストレート) はんだごて 40W 19-940
()
(STRAIGHT) ストレート

商品詳細を見る

tag : レビュー ヘッドホンアンプ

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。