スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドホン祭 2013 春行ってきました

2013年5月11日にスタジアムプレイス青山で開催された
「春のヘッドホン祭り2013」に参加してきました。
こちらの旅行日程としては金曜夜の夜行バス→土曜朝 東京駅から青山直行→夜 ホテル→日曜朝 秋葉原オーディオショップめぐり→夜 夜行バス
という予定でした。

ホームオーディオに力を入れすぎたせいかヘッドホン熱はかなり冷めていましたが、
会場前の行列に並ぶくらいはまだ余熱は残っていた模様・・・

ただ、フジヤの特売リストで欲しい物はChord QBD78の(特売50万くらい?)くらいだったのですが、
MAJIK DSっを買ったばかりで魔法のカードの行使はできずfinal audioのheaven IVのAK100バージョン単品を購入。
heaven IVはかなり好きな機種なのになぜか買えていなかったので祭り特価(9800円)で買えてラッキーだったのか?

とりあえず写真に残したもの+αを載せてみます。
Luxman P700uのモノバランスバージョン

ちなみにヘッドホンはHD800でしたが、HD800の鮮烈で解像感の高い音に固めのラックストーンがガッチガッチ載ってる音でした。
臨場感と音のキレは抜群に良かったのですが、ガッチリしすぎて嫌いな人もいるかも・・・
ノーマルのバランスは聴いてないので本当にモノ効果なのかわかりませんが、ヘッドホンを最大限にドライブしてる感は見た目からも理論からもなんとなくわかるような気がします。
以下がメーカーの解説です↓

                  ↓

スピーカドライブするのにもこんなにアンプ回路を使わないのに凄い大掛かりなことをやっています。

ELEKIT TU-HP01



真空管を使ったモデルで非常に薄くコンパクトでヘッドホン祭前に話題になっていたモデルです。
CK4にぴったり合いそうな大きさなのは非常に興味がありました。
音は至って普通、ホワイトノイズは少ししますが私愛用のALO RX mk2と比べてもフラットで味付けの少ない音。
真空管のトーンは乗ってこないので使用しているオペアンプOPA2604の音が支配的なのでしょうか?
じっくりエージングを繰り返せばまた大きく化けるかもしれませんので使っていくうちに旨みがくるかも・・・


次に興味のあったfinalオーディオ。
1kgあったヘッドホンの企画はいつの間にか溶け、新ヘッドホンの試聴ができるとのこと・・・

まずはフラグシップ(?)のPANDORA 6

高域ドライバにBAを使っているとのこと、肝心の音はヘッドホン筐体でBAを鳴らしているのにBAの音は歪まず
イヤホンに使うBA独特のカッチリした音が出ています。
高域に注目してしまっていてあまりくわしくは覚えていしませんが、中低音もなかなかの解像感で程よい臨場感もあります。
少なくとも高域のBAに劣っている音ではなかったと思います。
ただヘッドバンドから本体が外れ破損していたので製品化するにあたって強度は再考して欲しいですね。
売り出すとしたら6万円前後とのこと・・・
試聴機は身にジャックだったのですが標準ジャックなら欲しいかも?

お次はPANDORA 4

こちらは壊れていませんでしたが音は最悪でした。
ヘッドバンドの形が悪いのかイヤーパッドが耳にフィットせず、両手で押さえる形での試聴でしたが、
しっかり押さえても低域はスカスカな上音がやせていて、かつ全域が篭っている。
これをベースに製品化はありえないと思いますが試聴機として並べるのはメーカーとしていかがなものかと・・・
PANDORA 6の高域ドライバを流用してPANDORA 4はBA一発のヘッドホンとかでぶっとんだものにして欲しいですね。
もちろん音は6並で・・・

お次はタイムロードブース
前回からスタッフに愛知から来ている人として覚えられるようになりました。
前回のケーブルやChordの特売を狙っていったのですが何のセールもありませんでしたね。
ただ前々から興味のあったAudioflyの試聴会をやっていたので上位2機種を試聴。

フラグシップモデルのダイナミックとBAのハイブリッド AF78

写真のコンプライをつけた場合かなり高域かコンプライにスポイルされていまい音は最悪ですが、
純正のシリコンイヤーチップではK3003より尖ってはいませんが気持ちの良いドンシャリでした。
ハイブリッドの魅力としてもう少し重低音が出ていると良かったのですが少しあっさり目の音だっと記憶しています。

AF56

上位機種とはまた違いダイナミック一発で重低音と丁度良い塩梅のクリアな高域でこちらの方が好み。
モンスターのイヤホンの音のバランスに程よい開放感を加えた気持ちの良いサウンドでした。
AF56以下のイヤホンが当たるアンケートもやっていたのでこいつに一票入れてきました。

休憩室コーナーでは重度のオーディオクラスタ方と少しお話できましたね。
カスタムIEM数本は当たり前ちらほらとe9もお見えになるといった方が多かったです。
私も持っていったのですが謎の人気を博しているELEGA DR-592Cもこんなに集まりました。


なんやかんやですぐに終了時間になり秋葉原へ・・・
日曜定休日のオヤイデで店頭限定の壁コンセント(SWO-NT)を購入し関東のオーディオクラスタと夜のオーディオショップを案内してもらい日曜日備える・・・

翌日はホテルから秋葉原に直行午前中は秋葉原駅近くの高架下の電気部品ショップでアメリカン電気の7210GDを買う。
お店の人によると大変人気で7110に比べ食いつきが強い7210のほうが高音質なようだ。
午後はいよいよ今回のメインディッシュ(?)ダイナミック5555の4階へ直接向かう。

AVALON IDEAを試聴させてもらいました。

http://www.taiyo-international.com/products/avalon/idea/

AVATARを意識して作られた現行モデルなのでいつかは聞きたいと思っていました。
SPECのプリメインで鳴らしていただいたのですが、AVATARとは違って非常に鳴らしやすいです。
中域はAVATARと似ていますが低域が少し現代風でほんの少しAVATARと比べブーミー気味、高域は量感も増え音の鮮烈さを意識しているように思えました。
音場はAVATARと比べると少し狭めですが低域の広がりも手伝ってこじんまりとしたものではありません。
そのお陰か女性ボーカルの臨場感が増し口の大きさが正確でした。
あれこれ持参のCDを試聴させてもらっている間(40分くらい)にhead fi.の人がご来店、私の椅子の隣のソファに15分ほど腰掛けて一緒にIEDAの音を聞きましたw

あとはeイヤホンでe9のジャンクを見るなり、お土産を買っているうちに夜行バスの時間になり愛知へ帰る。

今回の一番の収穫は・・・
finalのイヤホンではなく、壁コンセント。
オヤイデ店頭限定モデルのSWO-NTはメインのホームオーディオ環境に、ヘッドホン環境に7210GDを使う予定です。


長文でつまらない内容でしたが、ここまでご覧くださってありがとうございます。
質問などございましたらコメント欄に書き込んでいってください。

iriver Astell&Kern AK100 FADスペシャルコラボセット AK100-FAD-SPSETiriver Astell&Kern AK100 FADスペシャルコラボセット AK100-FAD-SPSET
(2013/03/08)
アイリバー・ジャパン

商品詳細を見る

オーディオフライ ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ヴィーノ)Audiofly AF561-0-01 VINOオーディオフライ ダイナミック密閉型カナルイヤホン(ヴィーノ)Audiofly AF561-0-01 VINO
()
オーディオフライ

商品詳細を見る

7210GD アメリカン電機 平刃形 複式埋込コンセント接地2P 20A 125V7210GD アメリカン電機 平刃形 複式埋込コンセント接地2P 20A 125V
()
アメリカン電機

商品詳細を見る
スポンサーサイト

tag : イベント レビュー ニュース

秋のヘッドホン祭 2012に参加してきました。



お仕事の残業が厳しい中なんとかヘッドホン祭に参加できました。
プランは1泊3日夜行バスの旅。
土曜日でも浅草橋にホテルを借りることが出来非常に移動し易かったです。

一日目
仕事場から直でバスに乗り、朝6時に東京駅につき御茶ノ水の銭湯で朝風呂してさっぱりしてヘッドホン祭会場に入場。
ゾネの新作発表会の一般枠を希望して一足早く会場入り。
一般希望者が10名のうち私を含め2人しかいなかったため記者向けのプレゼントの余りをいただきました。
それがなんとHFI-15G、市販価格で1万円相当のヘッドホンです。


新製品5機種を着けたモデルと並ぶCEOとCOO

Music TO GO!のSasakiさんの質問に答えるCEO(Willberg氏)とCOO(Willberg氏)。

e8のジュリア(ドイツ語でジュリエット)とロミオ。
同社のイヤホン IQの着脱式ジャックを搭載したe8のリケーブル対応モデル。

そして今回初参入となるイヤホンモデルのTioとIQ。

試聴した感じだとシングルドライバのTioのほうが音の完成度が高く、音場も広く自然でイヤホンを付けている感覚を忘れさせてくれるため非常に魅力的に感じた。
IQは複数ドライバのノウハウが少ないのかそれとも試聴機のエージングが少ないためか高域が粗く音場も狭く感じられTioほどの完成度は感じられなかった。

最後にSignatur DJ

音質はedition 8とedition 9の中間だったSignature(無印)の音をedition 9に振った感じで低音寄りのドンシャリ。
解像感はe9やe8に適わないものの気持ちよく聞かせる印象が強く良いチューニングを行えているように思えた。

次は須山の萌音。

試聴機なのに吸い付くようなフィット感にまず驚き、その音の完成度も中々。
低音の密度が非常によく体の真に届く音で中高域の滑らかさが目立った。
従来のFit Earシリーズより低音が強めでありながらボーカルが気持ちよく聴けるイヤホンに仕上がっているように思う。
たしかにコンセプトのアニソンに合いそうだが結構オールマイティに活躍しそうなチューニングではないだろうか。

お次はブースではなく個人の方が聞かせてくれたUEのUE900。
メーカ直ではとりあってくれなかったそうで、輸入代行を利用して入手したそうだ。

高域の伸びが若干10Proより悪くなっているようだがシンバルの軽快かつ突き抜けるな感じは10Proの名残を感じさせる。
全体的に10Proの中域の不自然さが無くなりボーカルが聴きやすくなった印象。
音場はUEのカスタム機種と同等か少し狭いか。

次はfinal audioブース。

PF Xを無性に聴きたくなりじっくり試聴。
やはりIXより高域の伸びがよくフラットかつ制動の効いた音で非常に魅力的な音だった。

しかし本来の目的は新製品のheaven II。

高域が粗々しくよく刺さる元の高域の特性にクセのあるドライバをそのまま出してきた感じだ。
heaven cより高域の刺さる範囲が広く、高域の好きな人は受けつけるだろうが高域に敏感な私みたいな聴覚の人は気に入ることは難しい。

次にStereo誌の1月号付録予定のLuxman LXA-OT2。

バッファ部分にGRADOのヘッドホンアンプRA-1に使用されたNJM4556を2つ使いながらもローノイズで中々好印象。
パッと聴いてHifiな音とは感じなかったが3000円弱でこれが手に入ると思えば安いものだ。
ただ電源ON/OFFのスイッチが無くUSBに刺したら電源が付く仕組みのようだ。
私は改造用に1台、そのままで使う用に1台欲しいと思った。

次にORBブースで新しいヘッドホンアンプを試聴。
ORB ピュアオーディオクオリティヘッドホンアンプ JADE casa black オーブORB ピュアオーディオクオリティヘッドホンアンプ JADE casa black オーブ
()
ORB オーブ

商品詳細を見る

音の線が太いながら解像感が高く、非常に高品質なアンプでした。
メーカの方は5万円で10万円クラスのP1uにだって勝てると豪語していましたが、確かに音の作りはハイエンド機種に対抗したような堅実で繊細さを兼ね備えたバランスの良い製品でした。

会場を出る前にタイムロードブースに再び立ち寄ったところChordette GEMがアウトレット価格1万円で売られていたのでGreenをお買い上げ。
タイムロード様様です。
Chordette GEM GN グリーン Bluetooth/USB DAコンバーターChordette GEM GN グリーン Bluetooth/USB DAコンバーター
()
CHORD

商品詳細を見る


その後、秋葉原に立ち寄りオシロ用のプローブを買ってホテルで休みました。
これで1日目は終了。→2日目に続きます。

UE 900 Noise-Isolating Headphones 【平行輸入品】UE 900 Noise-Isolating Headphones 【平行輸入品】
()
Ultimate Ears

商品詳細を見る

ウルトラゾーン マイク&コントローラー搭載バランスドアーマチュア密閉型カナルイヤホンULTRASONE TIO TIO(ウルトラゾ-ン)ウルトラゾーン マイク&コントローラー搭載バランスドアーマチュア密閉型カナルイヤホンULTRASONE TIO TIO(ウルトラゾ-ン)
()
ULTRASONE

商品詳細を見る

tag : イベント レビュー ニュース ヘッドホンアンプ

final audio design Piano Forte IX (FI-DC1602SS) レビュー

final audio design Piano Forte IX

final audio design Piano Forte IX (FI-DC1602SS)のレビュー記事です。
このPiano Forte IXはfinal audio design ダイレクトショップにて72,000円で購入しました。
本当はPiano Forte Xが欲しかったりしたのですが流石に20万払うならスピーカ買ったほうが良いのでステンレスのこいつにしました。

音質レビュー
全体の音の傾向は中低音寄り。
高域はあまり伸びないが開放型のお陰もあって中域に近いところは比較的聴きやすい。
中域は若干反響したような音で柔らかい印象。
低域は重低音は出ないがキレが良く、量もしっかり出ている。
開放型なので音圧は上げにくいが低音の迫力もあってか室内でスピーカを鳴らしたような関節音を含んだ臨場感がある。
解像感はなかなか高いがかなりパワーのあるアンプでないとこのしっかり制動したような音色は出ない。
音場がかなり広く楽器と楽器の距離感がしっかり定位するので楽器のみの音楽はかなり強い。
分離感も良くしっかり音を分けて鳴らすが反響音っぽいものが入るので音の伝わってくる感じがする。
ギターやドラムの胴鳴りはかなり得意で音の余韻が気持ちが良い。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★
中音:  ★★★★☆
低音:  ★★★★☆

解像感:★★★★
音場:  ★★★★★
遮音性:☆
音漏れ:★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

その他
一番良く聞こえたのは据え置きアンプでフルディスクリートアンプのSHANLING PH100だった。
次に良く聞こえたのは高音寄りのCK4直刺し、他のプレイヤやポータブルアンプではあまり真価を発揮しないような気がした。
電子音、特に正弦波に近い音の方が綺麗な音が出て聞きやすく、
ロックやエレクトロのわざと歪ませたような音はボヤけて聞こえて解像感が悪いように感じた。
アコースティックギターなどはストリングスも綺麗で浮き出てくるような音になるので相性は良い。
基本的に大人しめで音が少ない方が相性が良いが、音が多くても女性ボーカルのゆったりとした曲はしっかりと音を濁らせず耳に届かせるので聴きにくくなることは無い。
装着感は前作DC1601よりかなり良くなっているので長時間の使用でも耳が痛くなることは無い。
低音の出方がフルレンジ一発のスピーカっぽくキレが良いのでそういうのがイヤホンで欲しいならありかも…

周波数特性(R)※マイク:WM-61A

Piano Forte IX
やはり重低音は出ていないが結構低音は150Hzを中心に出ている。
高域は4kHzのピークを過ぎてから減衰し続けていて、シンバルやサ行の高域の伸びが足りない。


Piano Forte IX,heaven c
同じ金属シリーズでもダイナミックとBAではかなり違う傾向。
ただPiano Forteがファイナルの目指してる音だとどこかで聞いた気がするので・・・


Piano Forte IX,IE8
ダイナミックハイエンド機種同士の比較1。


Piano Forte IX,Mile Davis Tribute
ダイナミックハイエンド機種同士の比較2。


Piano Forte IX,Piano Forte II
下位機種との比較。
なんと下位機種のほうが高域の伸びがよいようです。
ただ装着感は圧倒的にPiano Forte IXのほうが良いので低音の深みが違います。

ファイナルオーディオデザイン ステンレス削り出しイヤホン Piano ForteIX FI-DC1602SS FI-DC1602SSファイナルオーディオデザイン ステンレス削り出しイヤホン Piano ForteIX FI-DC1602SS FI-DC1602SS
(2011/04/21)
ファイナル オーディオ

商品詳細を見る

tag : レビュー イヤーチップ

Asahi MINTIA mp3プレイヤー レビュー



Asahi MINTIA mp3プレイヤーのレビュー記事です。
これはMINTIA公式facebookのプレゼントキャンペーンで当選しました。
動画投稿サイトで一般の方が自作されていて少し話題になりましたね。
内蔵メモリの容量は2GB、SDカードなどの外部メモリは使えません。


裏面(Rがリセットボタン)                        画面は無く、ON/OFFはLEDで判断


ジャックはMINTIAの出る蓋から                      外箱


通信ケーブルはiPod Shuffle式                  イヤホンも付属(形状が旧iPod付属品に近い)


当選通知カード                         非力なプレイヤ泣かせの4Sとの組み合わせ


音質
全体の傾向は高音よりで出力部に直流カットのコンデンサか出力調節用の抵抗が付いている印象。
高域よりなのもあって女性ボーカルやシンバルが聴きやすい、中域は普通だが少し痩せた印象を受ける。
低域はトントン鳴る感じでまるで回路でローカットしているような音で迫力が感じられない。
音場、解像感は普通だが分離感が悪い。

その他
使い勝手が悪くリセットボタンが大きく他のボタンと同じ場所に配置されているので間違って押してしまう可能性が高い。
音量と曲選択ボタンが同じになっていて長押しで判定を変えているので咄嗟の音量変更ができない。
筐体がほとんどお菓子のMINTIAのケースそのままなので強度が悪く、シールの外装はすぐに悪くなりそう。
フル充電時間3~4、動作時間約7時間、対応ファイル:MP3、WMA。
そのリセットボタンの配置、大きさからマイコン学習ボードを思い出しました。
音質、使勝手はイマイチですがネタとして面白い。
駆動力は音量取るだけなら見た目に合わないくらい十分にある。
ただMr.MINTIAはこんなMP3プレイヤを常用しているのですか?影でiPodとか使ってそうですが…

ミンティア ドライハード 50粒×10個ミンティア ドライハード 50粒×10個
()
アサヒフードアンドヘルスケア

商品詳細を見る

tag : レビュー

第七回愛知ポータブルオーディオオフ (レビュー)

第7回愛知ポータブルオーディオオフで聴いた機器のレビューです。

ER-4S Remold Rooth

全体のバランスは中高音寄り。
グラフではかなりの高音寄りのようですが中域もしっかり出ていて刺さって気になるようにはなりませんでした。
解像感、音場はER-4Sそのままですが若干低音が減った気がします。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★☆


STAX New SR-3

40年前のSTAXのコンデンサイヤースピーカ。
フラットだが若干重い低音が弱いか。
すっきりしていて、弱クリアな印象で音場は狭い。
解像感は少し高いが40年前のヘッドホンELEGA DRシリーズ系統の音質を考えるとかなり高音質と言えるのではないだろうか。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★★


headroom Pico SLIM

カラーリングが珍しいパープル。
Picoより駆動力は低めの印象だが中域の綺麗さは健在。
高域が刺さりにくいがキレは失われず、丁寧に鳴らしこむ印象。
まとまりがあっても音場は狭くならず臨場感を感じられる。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★★


ALO Continental V2

フラットでクールな音。
解像感が高く、音場も広いが高域が時々痩せて聴こえることがあるので合わせるイヤホンは注意したほうが良いのかも。
音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★★


CEW AUDIO TA-3Ⅱ

単三電池8本の超弩級アンプ。
使っている真空管はおそらくデフォルトのものでしょう。
フラット~若干低音強め。
全体的に丁寧で解像感高く鳴らすアンプで音場も広い。
ギャングエラーもなくヘッドホンだけでなくイヤホンでも使えるほどしっかり作られている。
内部も見せてもらいましたがハンダづけはかなり綺麗。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★★☆
低音:  ★★★★★


あとオフ始まる前にビッグカメラに寄りPF IX,VIIIを試聴しなおしてきました。
近々それに関わるIYHするのかもしれません。

◆◆国内正規品◆ヘッドアンプ◆ Headamp Pico Slim USB 電源◆Purple◆ヘッドホンアンプ◆◆◆国内正規品◆ヘッドアンプ◆ Headamp Pico Slim USB 電源◆Purple◆ヘッドホンアンプ◆
()
HeadAmp

商品詳細を見る

STAX(スタックス) 静電型イヤースピーカー SR-009STAX(スタックス) 静電型イヤースピーカー SR-009
()
STAX(スタックス)

商品詳細を見る

tag : イベント レビュー カスタムIEM ヘッドホンアンプ

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。