スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Colorfly CK4のレビュー



このブログで始めての単体の機種についての詳しいレビューになると思います。
レビューの書式についてまだ迷っているので後のレビュー記事とは統一性が無いかもしれません。

6月中旬Colorfly CK4はムジカアコースティクスで購入しました。
一年保障、展示品価格17800円ということでムジカで購入を決めました。

デザイン
よくある中華MP5プレーヤのようなデザインです。
液晶が据え置きPCに使うような脆そうな液晶でポータブルで持ち歩くには少し勇気が要ります。
大きさは厚みそのままでiPodを一回り大きくした感じです。
背面には中二カッコいい(?)二頭の獅子のロゴがあります。

操作性
正直悪い~若干悪いの間で、ボタンの感触は普通。
サイドに配置してあるため鞄につっこんで使う場合にはボリュームが操作しにくかったりします。

音質
フォーンアウト
若干高音寄りで高音域の拡散する独特の音場があります。
中低音はあっさりで流れるような音質であるが丁寧に鳴らしてくれている印象。
エージングが十分済んだのか低音の音量は決して多いとは言えませんが十分出ていると思います。
解像感は高めで細かな音までくっきり、はっきり表現するタイプ。
音場は普通であるが定位はポータブルプレーヤにしてははっきりしっかりしている。
音楽、イヤホンによっては少し高音がキツイもしくは刺さる感じはあるが気にならない許容できる範囲。
音の抜けは中々でさっぱりして、程よい音の深みがあります。
直挿しで十分な音質があり1万円~1万5千円くらいまでのポタアンに十分対抗できるアンプ性能があると思います。
ただし駆動力は低く、iPod、T51直挿しより低くk702のような感度の低いヘッドホンを鳴らすにはボリュームを9割近く上げなければいけません。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★★
中音:★★★★★
低音:★★★★☆
(五個で満点、☆で0.5点)

ラインアウト
iModなどとフェアに比べるためGo-Vibe Sharpsに繋いで視聴。
アンプの影響をかなり受けますが、高音部に少しフォーンアウトの特徴が残っています。
しかし低音の量感、厚みはフォーンに比べ改善されしっかり出ている印象。
音場、定位が良くなり、音に更なる厚みや深みがプラスされます。
しかしアンプの影響がかなり大きいと思うのであまり多く語れません。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★★
中音:★★★★★
低音:★★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

総評
使い辛さに若干目を瞑れば中々のコストパフォーマンスではないでしょうか。
高音の抜け、定位感は直挿しでも抜群に良いのでそこが好きな人は非常にお勧めです。
夏場用にすっきりしたポータブル環境を揃えたいのならこれに直挿しで十分だと思います。

その他
ラインアウトは珍しく音量が調節できるようになっております。
T51のようにコンデンサを変えるといった改造は難しいと思います。
なぜならネットでの開腹画像を見る限りチップコンデンサで統一されているため内部にスペースが無く、
外に出して改造するにもiModのようにDock端子が無いからです。
ただDAC直出しやオペアンプ交換は可能だと思いますがiMod改造並みの細かい作業になると思います。
またwave形式24bit/96・192kHz音源を再生する際メモリの読み出しに遅れが生じているのか「プツ」っとノイズが入るときがありますので気になる方はダウンコンバートしたほうが良いかもしれません。
私は気にしていますがなんとか我慢してダウンコンバートせず使用しております。
更にmp3ファイルの再生始めに「キッー!」っといった原因不明の大音量のノイズが入るときがあります。
アルバム単位で発生するので見つけた場合はwave形式にCDから変換しなおして使用するしかありません。
スポンサーサイト

tag : レビュー

第4回愛知ポータブルオーディオオフに行ってきた



6月26日、名古屋大須にて行われた第4回愛知ポータブルオーディオオフに行ってきた。
集まった人数は16人と愛知ポタオオフ史上最多人数を記録。
一回目から参加してるけど人数が増えると素直に嬉しい。
16人も集まれば結構な数の機種が揃います。
ドイツ御三家、UE、JH高価格帯カスタム、PMA、HP-P1、solo、HeadRoomバランス等々・・・

自分は第三回からCK4、IE8を新たなラインナップに入れて参加。
以外にもCK4買った人は自分だけ・・・
うん、バグもあるし仕方ないね。

とりあえず印象に残ってる試聴レビューを下に書いていきます↓

カスタムIEM

UM SE530X6
非常に自然な音域バランスで、音場も10Proほでではないが適度に広い。
くどくない艶がのっており、音の消え際が非常に綺麗でやさしい。ほどよい残響音がある。
低音はSE530のままだが中高音がそれに合うように上手くチューニングされている。
据え置きの高級オーディオを聞いたような満足感が味わえるオーラのある音。
冷たい天然水が体に染み渡るような音。1日に4回も繰り返し聞いてしまった。
次買うものはこれに決定。

UE 18PRO
肉厚でフラットもしくはカマボコ。
ディップを感じさせないUEの技術力が光るイヤホン。
すべての音が聞きやすく、ジャンルを選ばない音のバランス。
音場が聞いたカスタムの中で一番広く、迫力を感じられた。
71Bのバランスアンプでも聞いてみたがこれがまた音の輪郭が更にはっきり感じられて気持ちがいい。

JH 16PRO
ドンシャリで低音の迫力が凄い。
一本芯の通った若干金属質な低音を土台に中高音が乗ってる印象。
高音が1964-Tほどではないけれど刺さる。
音域感はおそらくカスタムで一番に感じる。

UM Mage
中高音を中心に透き通った音の印象。
低音も十分主張してきていて低音が物足りないといった感想は出てこない。
音場もSE530X6ほどではないがほどほどに広く、狭くて窮屈な印象はでてこない。
冷たい風を感じる気持ちよさがそこにある。


他にもカスタムは色々あったけど、
耳に合わないものがあってちゃんと聞けないものもあったからレビューはこれだけ。

ヘッドホン

edition8
聴いて数秒で「16Pro買う位ならこれを買う!」と心の中で浮かんだ。
高音寄りのドンシャリで高音が若干刺さる。
ボーカルもしっかり聞こえてきていて単なるドンシャリホンでないことがわかる。
音場はゾネ独特の前方定位と広さを兼ね備えていてedition9より見晴らしの良い整理させた印象を受ける。
東京行っても日程の関係で聴けなかったe8が聴けてよかった。

H800、T1、HFI780なども来てたけど大体東京行ったり、友達が買ったとき聴いたから聴かなかった。

ポータブルヘッドホンアンプ

stepDance
2が出ると聞いて聴いてきました。
擬似バランスの効果なのか定位感がしっかりしていて、見晴らしの良い音場。
フラットであるが低音の解像感からくる迫力は圧巻。

Arrow
弱低音寄りだがほぼフラットと言っていいと思う。
くっきりとした音で非常に聞きやすい音。
音場は普通、定位は若干良いがこの小ささ薄さでこの音が手に入るなら十分。

PMA
71Aのようなバランスだが音場が広いが少し定位が甘い。
71Aより濃ゆい音でその迫力、音圧からくる安定感は素晴らしい。
駆動力も高く幅広いイヤホンを鳴らせるがボリュームのガリノイズが少し残念。
大きいながら意外と収まりが良く、DAPと二段で運用するなら持ち歩けないこともない。

SR-71B
71Aよりくっきりした印象でバランスはそのまま。
分離度、定位が71A以上で音場は71Aよりほんの少し狭いかな。
イヤホンが自前のイヤホンじゃなかったので詳しくは書けませんが良いアンプです。

他にも71A、RX(無印)、RX mk2、Picoなどが来てましたがSE530X6に夢中で聴けていませんwすいません

あと余談ですが失敗したIE8の銀メッキケーブルとHippo Caseの交換の約束をしました。
これでカバン無しでiMod+ポタアンが持ち歩ける、調子のいい日は+コンデンサBOXも!?

tag : イベント オフ会

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。