スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unique Melody SE530X6 (SE6X3) が届きました。



オーダーしていたUnique Melody SE530X6 (SE6X3) が届きました。
ラボにインプレッション到着が2月28日、そして到着が今日3月31日と約1ヶ月かかりました。

それでは見た目
1964-Tとの比較                     シェルはクリアを指定していたのにフェイスプレートの色がカナル部分まで続いている

SE530の残骸                              周波数特性グラフ

マカロンみたいなケース                         ユーザガイドとカタログ

ユーザカタログのRoothの文字は消えている模様


シェルが濃いクリアブラックになってしまったのでドライバの確認が難しいです。
クリアブラックでも1964-Tのように炭素の粒子が混ざった感じではなく綺麗なクリアブラックです。
カナル部分は綺麗なクリアです。
シェルの形は1964-Tがカナルが長く出っ張りが少なく装着しやすいのですが、UMはカナルが短くその代わりキツめになっています。

音質は非常に良好でオフ会で聞かせてもらったままの音でした。
音場が広く、高域が澄んだ非常に綺麗な音です。
低音が強くドンシャリなバランスですがSE530独自の中域の厚みと綺麗さは健在で非常に好みの音です。
また詳しいレビューはもっと聴きこんでからにしたいと思います。
とにかく音に関しては大満足です。

自前の周波数特性グラフも貼っておきます。
SE530X6 10Pro
赤:SE530X6青:10Pro

UM独特の高域のピークが出ていますが超高域の伸びが素晴らしく穏やかに減衰しながら20kHz以上出ています。
また低域の量も10Pro以上で結構なドンシャリ具合だったりします。

SHURE 高遮音性ハイエンドイヤホン SE535SpecialEdition SE535LTD-JSHURE 高遮音性ハイエンドイヤホン SE535SpecialEdition SE535LTD-J
(2011/10/28)
SHURE

商品詳細を見る

SHURE 高遮音性イヤホン メタリックブロンズ SE535-V-JSHURE 高遮音性イヤホン メタリックブロンズ SE535-V-J
(2010/08/10)
SHURE

商品詳細を見る
スポンサーサイト

tag : カスタムIEM レビュー

iPod mini 1stを購入。

iMod+RockBOX用に欲しかったiPod miniを購入しました。
もう少しポータブル環境をコンパクトに出来ないか考えて購入しましたが、
Mod化した場合ポタアンが必要なので新たにコンパクトなポタアンが要ることに買ってから気づきました。



ハードオフで2,100円で購入。
筐体部分は傷が少なめだがプラスチック部分は結構傷と劣化が目立つ。

                                       RockBOXを早速入れました


バッテリーの劣化がみられ満充電でバッテリーバーが70%くらいしかいかない。

大きさの比較


しばらくはこの構成(iPod mini→銀メッキOFCDock→Little Dot micro+)で使っていきます。
そのうちバッテリーやCFD、線材を買って一気に改造してみたいと思います。


第6回愛知ポータブルオーディオオフ レポート&レビュー



3月24日名古屋大須で行った第6回愛知ポータブルオーディオオフのレポート&レビューです。
今回は参加人数16人と第4回並みの参加人数になりました。

毎回恒例のアンプタワー。
なんかポータブルじゃない人(STAX等)もいますが絶賛だったので何ら問題ありません。


今回出揃ったヘッドホンを並べてみました。

ぱっと見ただけでSR-009、edition9、edition8、HD800、T1、HE-6など各メーカのハイエンド機種が並びます。
今回私は試聴していませんがSTAX SR-009は絶賛の嵐でした。(愛知に本格的なSTAX旋風が到来したようです)

カスタムIEM一覧写真。

私がレンタルしたUMの試聴機三兄弟のほかに18Pro、10ProX6、Beat AudioのiPhone用ケーブルもありました。
ヘッドホンに比べて少し控えめのようです。

では個別の機種の写真を・・・
誰もが絶賛していた009。                         音漏れが良くSTAX並みに高域が綺麗なHE-6


Takstar TS671                           おフランスに海外旅行行った時入手したポタプロホワイトモデル


小さい漆ホン                            Shure E1 今回聴きたかったイヤホン


STAX SR-001 今回聞きたかったイヤホン2             InaCableさんのケーブル 気が遠くなる拠り込み作業が想像できる・・・


babyface パソコンにソフトウェア入れるので時間がかかり試聴できず  SCHIIT LYR 能率が良くHE-6を軽々鳴らす真空管アンプ


Albireo、β Cygn                          SR-71B


長く聴いて印象に残った機器をレビュー
Shure E1

Shureイヤモ二黎明期のBAイヤホン。
全体的にフラット~弱カマボコでモニターとして使うとしては申し分ない。
少しマスクがかった印象を受けるので解像感、定位は良くない。
Aurvana In-EarのBAと似ている印象。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★☆
(五個で満点、☆で0.5点)

STAX SR-001

音のバランスは中高音寄り~フラット。
低域の量感が足りなくトントンもしくはポンポン鳴る感じ。
イヤホン型にしては高域の伸びと聴きやすさはハイエンドカスタムでもその追随を寄せ付けない素晴らしい出来。
解像感、音場もイヤホンの中ではトップクラスで同じ定価での価格帯ではほとんどのイヤホンが適わない。
しかしその代わり遮音性が損なわれているのでほとんどイヤホンを何もしていない程度の遮音性。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

Shure SE535LTD(写真なし)
SHURE 高遮音性ハイエンドイヤホン SE535SpecialEdition SE535LTD-JSHURE 高遮音性ハイエンドイヤホン SE535SpecialEdition SE535LTD-J
(2011/10/28)
SHURE

商品詳細を見る

何だかんだ言って聴けていなかった機種。
音のバランスはフラット~高音寄りの弱ドンシャリ。
高域を強化したモデルだと聞いたがSE535で聴いた感じの微妙な女性ボーカルの刺さりはなくなっている。
おそらく高域を上げると同時に中域も上げているのだろう。
解像感はSE535と大差なしだが高域が少し強調されているので人によっては聞き易いかも。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★☆
(五個で満点、☆で0.5点)


audio-technica ATH-CKW1000ANV(写真なし)
audio-technica インナーイヤーヘッドホン(50周年モデル 限定2500台) ATH-CKW1000ANVaudio-technica インナーイヤーヘッドホン(50周年モデル 限定2500台) ATH-CKW1000ANV
(2011/11/18)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る

Miles、Monsterイヤホンに次ぐドンシャリで、スリムな高域のクセがオーテクらしさが出ている。
音場はMilesと同程度だが解像感では高域の感じが痩せているようで少しMilesより甘く感じた。
個人的には同時期に出たCK100Proよりかなり上手いチューニングをしていて好み。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★☆
低音:  ★★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

Takstar TS671
TS-671 ヘッドホンTS-671 ヘッドホン
()
不明

商品詳細を見る

コストパフォーマンスの高いモデル。
弱ドンシャリで低音が平面的な感じのポピュラーな音の傾向。
最安値で5000円台にしては解像感は中々で1万円クラスのヘッドホンに引けを取らない。
しかし価格が価格なだけに臨場感、音場が少し適わないか。
何か1つ突き出た個性を獲得できれば1万円後半の機種にもレベルが届くか。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★★
低音:  ★★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

麺や猿 特製黒猿ラーメン(黒コショウ、醤油、豚骨)
オフ会後にオーディオクラスタの方が美味しいと評判の麺や猿(大須)で食事をしました。
レビューの練習ついでに耳ではなく自分の舌でレビューしてみたいと思います。
まず一口二口目は鮮烈なスープと黒コショウのコンビネーションでスナック菓子のような軽く、パリッと仕上がった味で箸が進みやすい。
中盤から麺とスープの絡み具合が丁度良く濃すぎず、薄すぎない味で口の中に留まることに気づく。
それは麺の固さが硬すぎず、コシを保った状態で少しもっちりしているのと、スープがくどくなる2歩手前くらいの濃さで麺に風味を残す仕上がりになっているからだと感じた。
終盤ではほのかな下地のスープの魚出汁の複雑な風味が感じられ飽きの来ない味の重厚さをかもし出している。
ただこれはスープに使っている醤油と黒コショウのお陰で味の立ち上がりが早くなっているから、そのトンコツと魚出汁の後味を楽しめるのだと思った。
最後は残ったスープを味わったが、味の変化が面白く最初に黒コショウと醤油のサクサクっとした味の立ち上がりで舌を程よく刺激し、次にトンコツと鶏がらの油の甘み、次に複雑な魚出汁の風味、そしてまたトンコツと鶏がらの風味がジワっと消えて余韻を残す。
これだけ複雑な味でありながら重過ぎない。
焼き豚もしっかり煮込んであって切り方も分厚くボリュームがあり味もスープに比べれば地味だが良く満足感を得られる。
スープと一緒に口に入る薬味のネギがただ甘く感じられる、それだけスープの味が大きいウェイトを占めている。
ただスープの個性が強いので麺が無くなった後すべてスープだけを飲みきるのは難しい。


なんかオーディオよりラーメンのレビューが長いですが食べてる時間のほうが一機種を試聴している時間より長いのでこのような結果に・・・
私が企画して少し時間が足りなかったですが結構オーディオ関係の会話も弾んだので楽しかったです。
ただ今回のオフはSTAX一強の印象・・・ それだけ皆がIYHしたがっていたということですね。
マイクを使ってのイヤホンの測定を行いたかったのですがやはり会話や開放型のヘッドホンを周りで鳴らしながらの測定はノイズが乗って無理でした。
どうしても測定してほしい方がいらっしゃったらまた個人的に連絡をいただければ測定したいと思います。
参加メンバーの皆さんお疲れ様でした。ご多忙の中参加いただきありがとうございました。

tag : イベント レビュー オフ会

Unique Melody Merlin (試聴機) レビュー



Unique Melody Merlin (試聴機)のレビューです。
この試聴機はブログ「言うだけならタダだろう」のnTaQさんからお借りしました。
UM Mageは3Way 5DriverのBAドライバ4機、ダイナミックドライバ1機を搭載したIEMです。

見た目
フェイスプレートに空いた空気孔が他のBA機種とは違う大きな点です。全体的にシェルは大きめです。


                                中高域用にTWFKが2ユニット使われています。


ダイナミックドライバは収縮率の高い熱収縮チューブのようなものでノズルに繋がっています。空気孔のフィルタはIEM用の音響フィルタのよう

装着すときダイナミックドライバの振動板が圧に押されてクチャっと音がします。
あまり良い気がしません。

音質レビュー
全体の音の傾向は低音寄りのドンシャリ。
高音は女性ボーカルのサ行が若干刺さりMageやMiracleより少し派手な刺さり方をする。
低域は下までしっかり伸びていて量感は100Hz以下が強いしっかりした低音を感じる。
ドンシャリでありながら中音も聞きやすくドライで爽やかな音の印象。
Sennheiserの低音よりMonsterの低音よりで重低音が感じられるが量はMonsterほどではない。
全体的な音の印象としては解像感はなかなか高い、音場は広く、定位が良い。
カラッとした乾燥していてノリの良い印象の音でロックやポップスによく合う。
反面高音が派手なためかピアノの音が非常に軽く感じられるのでしっとり歌い上げるようなピアノバラードのような曲は合わない。
量は多いが締まった低音と派手めな高音の刺激でドンシャリのイヤホンではなかなか関税度が高く好き嫌いが出にくい音の調節になっていると思う。
今回貸していただいた機種の中で一番キャラが立っていて好み。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★★
低音:  ★★★★★

解像感:★★★★☆
音場:  ★★★★☆
遮音性:★★★★
音漏れ:
(五個で満点、☆で0.5点)

周波数特性(R)※マイク:WM-61A

やはり6kHzを中心にピークを形成、UMのチューニングの特徴か。
低域は高域より思ったより量は出ていないが100Hz以下もしっかり主張してきている。

Mageとの比較
Merlin Mage
Mageは200Hzを中心とした低域のなだらかな山を形成しているがMerlinは100Hz以下が多くなっている。

Miles Davis Tributeとの比較
Merlin Miles
量はMilesにまったく適わないが100Hz以下が左肩上がりに大きくなる低音の質では似ているのではだいだろうか。


AKG 密閉型カナルイヤホン 『 K3003 』AKG 密閉型カナルイヤホン 『 K3003 』
()
AKG

商品詳細を見る

SCOSCHE リモート&マイク付きデュアルドライバ・インイヤー・モニター ブラック IEM856mdSCOSCHE リモート&マイク付きデュアルドライバ・インイヤー・モニター ブラック IEM856md
(2011/11/30)
SCOSCHE

商品詳細を見る

Unique Melody Miracle (試聴機) レビュー



Unique Melody Miracle (試聴機)のレビューです。
この試聴機はブログ「言うだけならタダだろう」のnTaQさんからお借りしました。
UM Mageは3Way 6DriverのBAドライバを搭載したIEMです。

見た目
シェルは相変わらず綺麗です。こちらはMageと違ってケーブル端子が埋め込み式になっています。

                             ミッドとローは同じドライバのようDTECか?ハイはTWFK

ちなみにMiracleはMageと違って空中配線のよう。

音質レビュー
全体の音の傾向はフラット。
高音は女性ボーカルのサ行が若干刺さるが1964-Tのように不快感は無く、爽やかに刺さるので気持ちよく聴ける。
低域は下までしっかり伸びている印象でベースの地を伝う感じがほのかに感じられる。
低音量はMageより多く感じられるがMageほど弾力感は無く淡々と鳴らす印象を受ける。
全体的な音の印象としては解像感は高く、音場は広く、定位はなかなか良い。
Mageよりオールジャンル対応の万能型に近づき低音の締りが増した。
その代わり低音が若干詰まらなくなった印象を受けるので程よい弾力感のある低音がほしい場合はMageにした方がよい。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★★

解像感:★★★★★
音場:  ★★★★
遮音性:★★★★
音漏れ:
(五個で満点、☆で0.5点)

周波数特性(R)※マイク:WM-61A

やはりMageと同じく5.5kHzあたりにピークを持ってきている。
ドライバを増やしてもそこまで高域の伸びは出ていない。
カナル型、特にBA方式のイヤホンはドライバ数で高域の伸びを出すことは難しいのか。

Mageとの比較
Miracle Mage
Miracleのほうが100Hz以下の量が多く耳で感じた重低音の伝わりやすさの印象と合致。
MageのほうがMiracleより中域、低域の高いところで少し山なりになっている。
高域の波形は結構似ているがMiracleのほうが高いところまで出ているか。

Unique Melody Mage (試聴機) レビュー



Unique Melody Mage (試聴機)のレビューです。
この試聴機はブログ「言うだけならタダだろう」のnTaQさんからお借りしました。
UM Mageは3Way 4DriverのBAドライバを搭載したIEMです。

見た目
シェルは透明感があり非常に綺麗です。


イヤーチップはUEっぽい                           試聴機だけあって非常に小さい


音質レビュー
全体の音の傾向はフラット~弱中高音寄り。
高音は女性ボーカルのサ行が若干刺さるが1964-Tのように不快感は無く、爽やかに刺さるので気持ちよく聴ける。
低域用ドライバはWestone3などに使われているknowles CI-22955を1964-Tと同じように二つ使用しているが、1964-Tのように低音の量は多くなくむしろスッキリしている。
高中域用ドライバはTWFKで低域用ドライバより主張してきている。
しかしバスと強調したようなR&Bやレゲエ音楽ではCI-22955独特の程よい弾力のある低音が感じられる。
全体的な音の印象としては解像感は高く、音場は若干広め、定位は若干甘い。
シンバル、ギターのストリングスが聴きやすく澄んだ音の印象。
女性ボーカル、アニメソングに合う。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★★
中音:  ★★★★★
低音:  ★★★★☆

解像感:★★★★★
音場:  ★★★☆
遮音性:★★★★
音漏れ:
(五個で満点、☆で0.5点)

周波数特性(R)※マイク:WM-61A

試聴機なのでカナルの状態が通常のカスタムIEMとは違い高域の伸びが上手く出ていない様子です。
イヤーチップがUEなので耳深く挿入するのではなく耳穴に蓋をする感じになります。
前から思っていたのですがUMは5~6kHzのあたりにピークを作るのが好きなようです。
1964-Tのように8kHzにピークに作るより高域に不快感が無く個人的には好みだったりします。

1964-Tとの比較
1964-T Mage
中低音の具合から低音の量が抑えられています。
低域ドライバだけ抵抗を入れて量を抑えてあるのでしょうか?

ドライバ構成が似てるWestone3との比較
W3 Mage
CI-22955がどこでカットしてあるかによりますが抵抗が噛ませてある可能が大です。
高域はノズルの出方に違いはありますが結構似ていると思います。


1kΩのチップ抵抗は見えるのですがCI-22955に使われているかはわかりません。

Weston WESTONE3 3 x バランスド アマチュアドライバー 1xLow/1xMid/1xHigh WST-WESTONE3/JWeston WESTONE3 3 x バランスド アマチュアドライバー 1xLow/1xMid/1xHigh WST-WESTONE3/J
()
ウェストン

商品詳細を見る

PCDPデビュー

最近(?)話題になっているポータブルCDプレイヤー。
今まで一台も手を出したことが無かったので予備知識ほとんど無しで探してみました。
近所(といっても4km)のハードオフのジャンクボックスから発掘してきました。

KENWOOD DPC-52


105円でした。
しかし電源が入らない・・・
電源部分のコンデンサがおかしいのかな?
部品が無いので今度調達して直すことに

RiGiD RD-CD601


315円。
状態が綺麗で唯一NGと書かれていなかったので購入。
ホワイトノイズが酷く、再生するとCDを回しているモータのノイズがフォンアウトに乗るので音質は最悪。
音飛び防止機能をONにすると音が割れます。
無理して買わないほうが良かった。

あとスピーカコーナーに珍しいものを発見。


Duevel Bella Luna。
ドイツ製の全方向スピーカ、定価120万円のところ中古で44万円。
全方向スピーカってどんな音なんでしょうねぇ?

Fostex KOTORI 101 届きました。



eイヤのプレゼントキャンペーンで当選し自分でデザインをオーダしたKOTORIが届きました。
では見た目だけ・・・


ダンボールもKOTORIの印刷が施されています。


凄く小さいです。
表面はiPhoneの入っている箱のような質感です。


オーダした通りの出来っぽい。
iPhone/iPodコントローラ付です。


ハウジングの仕上がりは中々綺麗。
黒のスワロフスキの輝きも中々です。


ケーブルの色も公式サイトでは青が若干明るい感じだったので紫を選択したのですが、結構濃い青してます。

プラグが金メッキではないのが少し残念ですね。(まあハイエンド機種のIE8/IE80でもニッケルだし・・・)
イヤーチップは全体的に小さめ一番大きいLサイズが通常のMサイズの大きさ。
イヤーチップの質は弾力があり、肉厚でまあまあ良い。
コントローラの反応も良く、気持ちよいクリック感がある。
ケーブルも取りまわしが良く程よい弾力があり、絡みにくい。

最後に周波数特性を
KORORI 101
ドンシャリで5.5kHzと8kHzにピークがあるので人によっては若干高域が刺さるか。

聞いた感じでは
高域は部分的に刺激的でボーカルを中心に音量を上げれない。
低音、低いところの中音が多いので落ち着いたドンシャリだがしっかりとした低音の沈み込む感じが出ている。

音としては中々の出来ですがオプションなり色々付けて購入した場合、総額5,200円+送料500円かかります。
そう考えると結構割高なオーダですね。
オプションを付けなければ3,600円+送料で済みますのでそこらへんだと価格と音質が釣り合うかもしれません。
しかしFostex、Fosterはドライバ供給メーカだけあって他メーカ名で形の似ているOEMも出ているようで、
そちらのほうが量産が可能で安く売られているらしいです。
音にのみ興味がある方はそちらを優先してみたほうが良いです。
でもこの製品の最大の特徴・利点はそのデザインを自分で選ぶことが出来る事なので音質だけで見ない人はKOTORIをオーダしてみるほうが楽しいかもしれません。
細かいレビューはまたしっかり聞き込んでからにしたいと思います。

PIONEER 密閉型インナーイヤーヘッドホン ブルー SE-CL34-LPIONEER 密閉型インナーイヤーヘッドホン ブルー SE-CL34-L
(2010/03/12)
パイオニア

商品詳細を見る

Razer Moray Mobile Gaming Earset Earpiece Design Earbud Earpiece Type Binaural【アメリカ限定モデル】Razer Moray Mobile Gaming Earset Earpiece Design Earbud Earpiece Type Binaural【アメリカ限定モデル】
()
RAZER

商品詳細を見る

第6回愛知ポータブルオーディオオフ開催します。



第6回愛知ポータブルオーディオオフ開催します。
日時:2012年3月24日(土)
時間:13:00~17:00
場所:大須 アメ横貸し会議室の第1会議室
http://www.osu-ameyoko.co.jp/?p=946
会費:会議室料金6000円を参加人数で割ります。

参加者募集中です。
県外の方、遠方の方も大歓迎です。
今のところ人数は10人くらい集まっているので、集まる機器が少なくてつまらないことはないと思います。
1964-T、HFI-780 Modを持っていきますので聴きたい人は是非参加を・・・

※時間が足りなかった場合は二次会などを行い補いたいと思います。
※机の配置はロの字で一応30人まで収容可能です。

参加の際には前もって以下の専用掲示板でご連絡をお願いします。
愛知県民オフ会&雑談スレ
http://www1.atchs.jp/test/read.cgi/localpav/1/


関連記事
愛知県民オフ会の歴史
第5回愛知ポータブルオーディオオフレポ
第4回愛知ポータブルオーディオオフに行ってきた

tag : イベント オフ会

Monster SuperTips Gel(スーパーチップ) イヤーチップ レビュー



Monster Miles Davis Tributeに付属していたSuperTips Gelのイヤーチップ レビュー記事です。

イヤホンに装着した図

内径の大きいイヤーチップはシリコンチューブのアダプタを咬ませてあります


装着感
私の耳に合うSサイズを装着。
サイズによるがSサイズでもあまり深く挿入しなくても良い。
圧迫感は強く、常に耳穴を広げるような力が働く。
表面の滑りは普通で耳穴を広げながら挿入すればスルリと入る。
口を開けて顎を大きく動かしても顎の骨が当たる音はしない。

音質
フラットで弱重低音が少し伸びる。
若干ボーカルが近くなった印象を受ける。
音場は少し狭まった感じがするが、定位感はそのまま。
低音の量はそのままで重低音が少し増えた感じがする。
しかし中音と高音の間くらいが煩くあまり音量を大きく取れない。
少し高音の伸びが減り、レンジが狭まった感じがする

その他
SE530に使用すると少し硬い音になったようになり曇りが無くなる。
Westone3にはTWFKの刺さりが出てきてクリアさが顕著に出る。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★☆
中音:★★★★★
低音:★★★★★

遮音性:★★★★★
音漏れ:

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
Monster Gel Tip

MONSTER CABLE Miles Davis Tribute MH MLD IEMONSTER CABLE Miles Davis Tribute MH MLD IE
()
モンスターケーブル

商品詳細を見る

tag : レビュー イヤーチップ

Altec Lancing UHP336付属ダブルフランジ イヤーチップ レビュー



Altec Lancing UHP336付属のダブルフランジのイヤーチップレビュー記事です。
5Proや3Stuを販売していた時のUEの10Pro、5Pro、3Stuには入っていたと思います。



装着感
挿入具合は普通~若干浅め。
圧迫感は比較的弱めで長時間の装着もあまり疲れない。
表面の滑りはやや良いで耳穴を広げなくてもスルリと入る。
口を開けて顎を大きく動かすとフランジ同士が擦れるような音がする。

音質
フラットで高域が伸びた印象を受ける。
音場は広がる感じがして、さらに定位感も若干良くなった。
高音の伸びが良くなったせいか音が軽やかになった印象を受ける。
高音が聴きやすくなり、レンジが広まった感じがする。

その他
10Proに装着しても自分の耳では安定しなかった。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★★
中音:★★★★★
低音:★★★★★

遮音性:★★★★
音漏れ:

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
UE 2dan


Ultimate Ears Super.fi 3 Studio(Black)Ultimate Ears Super.fi 3 Studio(Black)
(2007/09/28)
Ultimate Ears

商品詳細を見る

tag : レビュー イヤーチップ

Shure EATFL1-6 (3段) イヤーチップ レビュー



Shure SE530に付属しているEATFL1-6 (3段) イヤーチップレビュー記事です。



装着感
かなり耳の奥に入れるタイプで耳たぶを広げながら挿入した。
私の耳穴の場合3段目のフランジまでしっかり入る。
圧迫感は強く、常に耳穴を広げるような力が働く。
表面の滑りが良くなく少しベタベタとした感じなので挿入し辛い。
またノズル挿入口がフランジまで長いのでクニクニ曲がって挿入しづらい。
口を開けて顎を大きく動かすと皮膚に擦れてカサカサ音がする。

音質
弱中高音寄り。
若干ボーカルが非常に聞き取り易くなるが、高域が減った印象は無い。
音場は少し広がった感じがするが、定位感はそのまま。
低音が減るが軽い音にならない。
高域は中域が結構出ているからか刺さらない。

その他
SE530に使用すると少し硬い音になったように感じる。
Westone3にはTWFKの刺さりが抑えられるがクリアさが出てくる。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★☆
中音:★★★★★
低音:★★★★

遮音性:★★★★★
音漏れ:

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
Shure 3dan
赤:ER-4-18,青:Shure EATFL1-6
1kHz以上の波形がかなり変化している。
特に4kHzになだらかな山が出来ていて元のER-4-18とはかなり違う音調になっている。

SHURE トリプルフランジイヤパッド EATFL1-6SHURE トリプルフランジイヤパッド EATFL1-6
(2009/04/24)
SHURE

商品詳細を見る

tag : レビュー イヤーチップ

Etymotic Research ER4-14F (フォーム) イヤーチップ レビュー



Etymotic Research ER-4Sに付属しているER4-14F (フォーム) イヤーチップレビュー記事です。

イヤホンに装着した図



装着感
挿入の深さは普通、いったん潰して戻る前に耳に押し込むので装着は楽。
圧迫感は強く、常に耳穴を広げるような力が働く。
口を開けて顎を大きく動かしてもあまり音はしない。

音質
フラット~弱高音寄り。
若干ボーカルのクリアな感じが強まり、曲によっては少し刺さるが不快なまでは刺さらない。
音場はそのまま、定位感もそのまま。
人によっては高音の刺さりから聴き疲れが生じることもあるか

その他
SE530に使用すると高域のクリアさが増す。
Westone3にはTWFK独特の顕著に刺さりが出てくる。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★★
中音:★★★★☆
低音:★★★★☆

遮音性:★★★★★
音漏れ:

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
Ety Foam Gray
赤:ER-4-18,青:Etymotic Research ER4-14F
高域の共振峰が0.5kHzほど低いところに移動している。
共振峰の大きさは若干大きくなっている。

Etymotic Research フォームイヤーチップ7ペア  ER4-14FEtymotic Research フォームイヤーチップ7ペア ER4-14F
(2005/10/28)
Etymotic Research

商品詳細を見る

tag : イヤーチップ レビュー

Shure EASFX1-10 (グレー) イヤーチップ レビュー



Shure SE530に付属のEASFX1-10 (グレー)のイヤーチップのレビュー記事です。

イヤホンに装着した図


装着感
私の耳に一番合うSサイズを装着、形状がシンプルで表面の滑りが良くスルンと入る。
挿入の深さは普通、浅すぎず深すぎずの位置が一番安定しやすく違和感も無い。
圧迫感は少なめで長時間の装着も苦にならない。
口を開けて顎を大きく動かすと少し骨の動いたコツコツという音がする。

音質
フラット~弱中低音寄り。
若干ボーカルのクリアな感じが弱まるがその分聞きやすくなる。
音場はそのままだが定位感が弱まり音がどこから鳴っているのか分かりにくくなる。
低音の低いところの沈み込む感じが若干抑えられた印象を受けた。
装着感の良さ、程よくクリアさを抑えた音調もあって長時間のリスニングに良い。

その他
SE530に使用すると高域が篭る。
Westone3も同様に篭り、こちらのほうが顕著に出る。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★
中音:★★★★★
低音:★★★★★

遮音性:★★★
音漏れ:

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
Shure Gray Single
赤:ER-4-18,青:Shure EASFX1-10
SLK-OT-000001,2,3ほどではないが高域が減衰している。
このくらいが高域を抑える限界か。

SHURE ソフトフレックスイヤパッドSサイズ EASFX1-10SSHURE ソフトフレックスイヤパッドSサイズ EASFX1-10S
(2009/04/06)
SHURE

商品詳細を見る

SHURE ソフトフレックスイヤパッドMサイズ EASFX1-10MSHURE ソフトフレックスイヤパッドMサイズ EASFX1-10M
(2009/04/06)
SHURE

商品詳細を見る

Sleek Audio SLK-OT-000001,2,3 イヤーチップ レビュー

SA6 Eartip2

Sleek Audio SA6に付属しているイヤーチップ Sleek Audio SLK-OT-000001,2,3のレビュー記事です。

イヤホンに装着した図
SA6 Eartip

装着感
私の耳に一番合うMサイズを装着、ER-4-18ほど深く挿入しないがフランジ二段目が耳穴の入口に入るくらい入れる。
耳の入口付近が一番大きいフランジがあたるのでそこらへんに圧迫感がある。
挿入はER-4-18より滑りの良い素材なので入れやすい。
口を動かしてもあまり顎の動いた音はしない。
Lサイズはアメリカンサイズでかなり大きく耳に入らない。
SサイズはER-4Sの青キノコのように深く耳に入りちゃんとフィットする。

音質
弱カマボコで高域が物足りない音になり、中域が少し張り出したように感じる。
低音はこじんまりとしたポンポンとした感じになり少し臨場感が失われた印象。
音場は若干狭く、定位が甘くなるので楽器が多く鳴るときつい。
反面聴き疲れはER-4-18以上にしづらいがやはり音質面で劣る。

その他
標準のSA6に使用してみてもER-4S以上に中域の張り出し感が強いためナローな音になりやすい。
Westone3では論外の音になる、高域が篭り解像感が下がった印象が前面に出る。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★☆
中音:★★★★★
低音:★★★★☆

遮音性:★★★☆
音漏れ:

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
ER-4S SA62danS
赤:ER-4-18,青:SA6 2段S
低域は聞いた印象ほど減らないが高域の共振峰の現象が顕著。

SLEEK AUDIO SA6 交換用イヤーパッド MSLEEK AUDIO SA6 交換用イヤーパッド M
(2008/10/31)
FocalPointComputer

商品詳細を見る

SLEEK AUDIO SA6 交換用イヤーパッド SSLEEK AUDIO SA6 交換用イヤーパッド S
(2008/10/31)
FocalPointComputer

商品詳細を見る

Etymotic Research ER4-18 イヤーチップ レビュー



Etymotic ResearchのER-4Sに付属のイヤーチップ ER4-18のレビュー記事です。
イヤーチップレビューの一番最初の記事はER-4Sの一番標準的な3段キノコからやっていきたいと思います。

イヤホンに装着した図


装着感
かなり耳の奥に入れるタイプで耳たぶを広げながら挿入した。
私の耳穴の場合3段目のフランジまでしっかり入る。
圧迫感があり、3段ともしっかり耳穴を押し広げる感じがするので、苦手な人は多いと思われる。
また耳の中が密閉され空気が圧迫する感じが大きい。
口を大きく開けるなど顎を動かすとカスタムIEMほどではないがイヤーチップ耳穴に擦れるゴツゴツ音がする。

音質
フラットで高域が程よく抑えの利いた音になり、サ行、シンバル音が刺さらない。
低域の漏れが少なくしっかり伝えている印象がある。
音場は広すぎず、狭すぎず地味でありながら程よい広さ。
以上の点から装着感以外に音で聴き疲れすることはないように思う。

その他
Westone3やでは高域の抑えが利きすぎて若干篭った印象になる。
SA6では付属の2段イヤーチップより高音、低音が強調さえれ篭り感が和らぐ。
SE530ではグレーチップよりソリッドな音になる。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★★
中音:★★★★★
低音:★★★★★

遮音性:★★★★☆
音漏れ:

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
ER-4S 3dan1

3フランジ・イヤーチップ(5ペア入り) ER4-183フランジ・イヤーチップ(5ペア入り) ER4-18
()
Etymotic Research

商品詳細を見る

イヤーチップレビュー記事一覧

Metal Eartip

audio-technica ER-CK5(シングルフランジ)
Altec Lancing UHP336付属ダブルフランジ
Altec Lancing UHP336付属フォームチップ
Comply T-400(コンプライ)
Comply T-500-M(コンプライ)
Cretive Aurvana In-Ear付属(シングル)
Etymotic Research ER4-18(3段キノコ)
Etymotic Research ER4-15SM(青キノコ)
Etymotic Research ER4-17(グライダー)
Etymotic Research ER4-14F(フォーム)
final audio BA-SS / heaven c用(シングル)
Monster MH-IE-1(シングル)
Monster SuperTips Gel(スーパーチップ)
Monster SuperTips Foam(スーパーチップ)
Monster MH-IE-3(3段)
Panasonic RP-PD3(シングル)
Sennheiser CXES-L10(シングル)
Sennheiser UEP-L10(フォーム)
Shure EATFL1-6(3段)
Shure EASFX1-10(グレー)
Shure EABKF1-10(弾丸)
Sleek Audio SLK-OT-000001,2,3(2段)
SONY EP-EX10M/B(ハイブリッドイヤピース M)
Ultimate Ears TF10付属シングルフランジ

あれ?サイズ省略すると意外と少ない・・・
これからちょくちょく買い足して増やしていきます

tag : レビュー イヤーチップ

イヤーチップ レビューをやるにあたって・・・



新企画のイヤーチップレビューシリーズスタートです。
イヤーチップによってどれくらい音質が変化するかグラフと一緒にレビューをしていきたいと思います。
この記事はイヤーチップのレビューですのでイヤホンを一本に統一してやっていきます。
使用するイヤホンはEtymotic Research ER-4Sです。
ER-4Sを使用する利点はノズルが細く太い内径のイヤーチップに対応できる点と、
発売年月が他のイヤホンと比べ長く所有者が多い点です。



まずは今後のためにイヤーチップは装着具合でも音が変わるのか調べていきたいと思います。
基本的な方法はイヤーチップをカプラに付け、測定し、外して出来るだけ前と同じ状態になるように付け直す。
これを5回行いグラフに違いは出るか調べます。
カプラは内径8mm(厚み1mm)のシリコンチューブでER4-18は2段目がちょうどカプラの穴を塞ぐように装着します。
挿入を深くしすぎるとイヤーチップの傘がたわんでしまうので2段目は軽く塞ぐ程度です。
音量は一定で検査音を流すプレイヤーは出力インピーダンスが低いiPhone4。

測定結果(2回目以降は青が測定結果、赤いグラフは1回目)
1回目
ER-4S 3dan1
2回目
ER-4S 3dan2
3回目
ER-4S 3dan3
4回目
ER-4S 3dan4
5回目
ER-4S 3dan5

1回目                                       2回目

3回目                                       4回目

5回目


4回目は少しイヤーチップの入れ方が浅かったので共振峰が低いところで出ています。
他は大きな変化もなく高域の共振峰はほぼ一致しています。
では他のイヤーチップで挿入具合以上に音が変わるのか測定もやっておきます。

他のイヤーチップ使用するのはカプラ、イヤホンに挿入しやすかったSA6付属の2段イヤーチップSサイズ。


挿入具合はこんな感じ。
SA 1kaime

赤:ER-4-18,青:SA6 2段S
ER-4S SA62danS
明らかに高域8kHz付近の共振峰が弱まり音質が変化しています。
SA6の付属のイヤーチップはイヤホンのノズルがイヤーチップの出口近くまで深く入れるタイプなので共振管の長さが変化したのでしょう。
これでイヤーチップ交換でイヤーチップを同じように複数回装着を繰り返した以上に変化するのではないでしょうか。
もちろん形成する共振管の長さが同じならば違うイヤーチップでもER-4-18と同じような高域の特性が出るかもしれません。

次からはイヤーチップ一種類ずつレビューしていきたいと思います。

Etymotic Research イヤホン ER4S-BEtymotic Research イヤホン ER4S-B
()
Windows

商品詳細を見る

3フランジ・イヤーチップ(5ペア入り) ER4-183フランジ・イヤーチップ(5ペア入り) ER4-18
()
Etymotic Research

商品詳細を見る

UMに送る直前のSE530のグラフ


UMに送る前にSE530を精度とマイク端子の感度を上げて測定しておきました。

以下の以前測定したグラフはWM-61Aマイクに直接シリコンチューブを装着したものなので低域の減衰が少なくなっていて、高域の特性も共振峰のでき方が違うのか結構違います。
SE530 iPhone4

今回測定に使用したWM-61Aはモールドしてあるので若干空気が漏れ低域が少し減衰し、カプラ長も若干変化したため7.5kHzあたりにピークができています。
SE530X6を計測する時はWM-61Aをモールドしたものを使用するので上のグラフを使用します。
WM-61Aモールドで測定するにあたりサンプルデータ数を4096→8192と倍にし-40dBに1kHzがくるようにしました。
いままでは-50dBでしかもレンジを0~-120dBにしていたので周波数特性の特徴が分かりづらかったためです。

インプレッションとSE530の入ったEMSがUM labに到着したのでStephenに「インプレ到着したんで後はよろしく」とのメールを送ったら、「次のロットで作成するよ」と返事くれました。
次のロットはどのくらいの数、いつの事かはわかりませんが3月中旬までに発送されると3月下旬に企画しているオフ会に間に合って良いです。
今のUMの状況は本当にわからないのでどうなるかわかりませんが・・・

SHURE 高遮音性イヤホン メタリックブロンズ SE535-V-JSHURE 高遮音性イヤホン メタリックブロンズ SE535-V-J
(2010/08/10)
SHURE

商品詳細を見る

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。