スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のヘッドホン祭 2012に参加してきました。

昨日に続いて2日目。

1日目では試聴できなかったゼンハイザーの新作を試聴しに行きました。


まずIE800。

前作のIE80と比べると派手な音になった印象。
Monsterっぽいドンシャリだが、イヤーチップが今までのゼンハイザー薄めだったので、ソニーのハイブリッドやコンプライ、スーパーチップに変えるとまたもの凄い重低音が出そう。
音はMonster系に近づいたが音場は今までのゼンハイザーのIEシリーズのように広め。


次にMOMENTUMです。
弱ドンシャリで音場は普通だが中々の解像感。
装着感は良いのですが私の頭が大きかったのかヘッドバンドに少し余裕が無いように思った。


ヘッドホンアンプは眺めただけ…
自前のヘッドホンを持っていかなかったため聞く気にならず。
(ただ会場ではHD800や700で試聴可能だったので聴けばよかったのかも)

次は金属削り出しのポータブルヘッドホンアンプ。


真鍮の方は濃厚かつ密度のある音質。
アルミはニュートラルかつハキハキした感じの音質。
駆動力もなかなかありノイズも少なく好印象。
ただ真鍮は小さくくせに重い、ぽんと手渡されて300g超えのあの筐体は驚きました。
見た目とその重さからfinal audioの金属キノコに合いそうですね。

次にオヤイデで展示していたZephoneのヘッドホンアンプ。

某黒鳥を思い出させるデザインと中華サイトで見た回路の様子…
音は71Aと比べフラットで快活な音で中々良いが、トグルがプラスチックで電源ON/OFFが軽くカバンの中で何かに当たってすぐに切れてしまいそう。
発売は未定、今回は展示のみ。

次はクリプシュブースにてimage X7を試聴。

X5と比べて一層BAらしさが消えダイナミックっぽい音になっていた。
ただ少しX5より解像感は低いのか、高域の伸びが少ないのか全体的にX5の方が好きだったり…

お次はハイレゾプレイヤーの新星、AK100。

音質はしっとりかつ丁寧な印象でクラシック、ジャズの多いハイレゾ音源にまたマッチするのでは。
解像感と音楽性が上手くマッチしておりハードとしての安定性が高い。
ただボリュームが写真のように出っ張っており、さらに軽いので何かの弾みで音量が変わってしまいそう…

次はradiusのポタアン HP-PAF11K

減衰しやすい高域に補正をかけて特性をフラットにする回路や新日本無線の新型OPAを使う等結構チャレンジャーな商品。
音質は中々良いですがこれといった特徴が無かったり…
試聴が短かったので結構適当なのかも。

次はCAVのBurutta

バスをONにしなければ中々聴けるが若干解像感が落ちる印象。

Ortofonのポータブルアンプ。

ホワイトノイズは若干あるがしっとした音質の中に一本芯が通った音。
音場も中々広いが筐体が中途半端な奥行きな上に厚みが結構あるのでプレイヤーに合わせにくいか。



そして今回も見つけた金のイヤホン。
こちらはfinalとは違って一般的に高価な金属を使っている模様。

こちらは銀を使用。

そして金のPS1000も


あとジャンク市にて3000円でクリプシュのimage oneを入手。
その後立ち寄った秋葉のeイヤにてジャンクのポタプロを300円で購入。これは親のテレビ用にでも…

あと2日目は朝一に言ってタイムロードブースにてケーブルを買ったがアウトレットで売っていたToucan Blueをスルーしていた模様…
あれも1万円だったとは思わなんだ…
これにて2日目も終了。バスに乗って愛知に帰るのだった

そんなわけで今回の戦利品。

これに送られてくるChordette GEMが後に加わります。
ケーブルはDigital Magic Two一本5万円を超えるディジタル同軸ケーブルです。
それが5000円でした。
ディジタル用ですが、インピーダンスを計算してみてもアナログ用途でも問題なさそう。

iriver Astell&Kern 192kHz/24bit対応Hi-Fiプレーヤー AK100 32GB ソリッドブラック AK100-32GB-BLKiriver Astell&Kern 192kHz/24bit対応Hi-Fiプレーヤー AK100 32GB ソリッドブラック AK100-32GB-BLK
(2012/10/27)
アイリバー・ジャパン

商品詳細を見る

TDK LoR デュアルドライバーインナーイヤーヘッドホン IE800TDK LoR デュアルドライバーインナーイヤーヘッドホン IE800
(2012/10/05)
TDK

商品詳細を見る
スポンサーサイト

秋のヘッドホン祭 2012に参加してきました。



お仕事の残業が厳しい中なんとかヘッドホン祭に参加できました。
プランは1泊3日夜行バスの旅。
土曜日でも浅草橋にホテルを借りることが出来非常に移動し易かったです。

一日目
仕事場から直でバスに乗り、朝6時に東京駅につき御茶ノ水の銭湯で朝風呂してさっぱりしてヘッドホン祭会場に入場。
ゾネの新作発表会の一般枠を希望して一足早く会場入り。
一般希望者が10名のうち私を含め2人しかいなかったため記者向けのプレゼントの余りをいただきました。
それがなんとHFI-15G、市販価格で1万円相当のヘッドホンです。


新製品5機種を着けたモデルと並ぶCEOとCOO

Music TO GO!のSasakiさんの質問に答えるCEO(Willberg氏)とCOO(Willberg氏)。

e8のジュリア(ドイツ語でジュリエット)とロミオ。
同社のイヤホン IQの着脱式ジャックを搭載したe8のリケーブル対応モデル。

そして今回初参入となるイヤホンモデルのTioとIQ。

試聴した感じだとシングルドライバのTioのほうが音の完成度が高く、音場も広く自然でイヤホンを付けている感覚を忘れさせてくれるため非常に魅力的に感じた。
IQは複数ドライバのノウハウが少ないのかそれとも試聴機のエージングが少ないためか高域が粗く音場も狭く感じられTioほどの完成度は感じられなかった。

最後にSignatur DJ

音質はedition 8とedition 9の中間だったSignature(無印)の音をedition 9に振った感じで低音寄りのドンシャリ。
解像感はe9やe8に適わないものの気持ちよく聞かせる印象が強く良いチューニングを行えているように思えた。

次は須山の萌音。

試聴機なのに吸い付くようなフィット感にまず驚き、その音の完成度も中々。
低音の密度が非常によく体の真に届く音で中高域の滑らかさが目立った。
従来のFit Earシリーズより低音が強めでありながらボーカルが気持ちよく聴けるイヤホンに仕上がっているように思う。
たしかにコンセプトのアニソンに合いそうだが結構オールマイティに活躍しそうなチューニングではないだろうか。

お次はブースではなく個人の方が聞かせてくれたUEのUE900。
メーカ直ではとりあってくれなかったそうで、輸入代行を利用して入手したそうだ。

高域の伸びが若干10Proより悪くなっているようだがシンバルの軽快かつ突き抜けるな感じは10Proの名残を感じさせる。
全体的に10Proの中域の不自然さが無くなりボーカルが聴きやすくなった印象。
音場はUEのカスタム機種と同等か少し狭いか。

次はfinal audioブース。

PF Xを無性に聴きたくなりじっくり試聴。
やはりIXより高域の伸びがよくフラットかつ制動の効いた音で非常に魅力的な音だった。

しかし本来の目的は新製品のheaven II。

高域が粗々しくよく刺さる元の高域の特性にクセのあるドライバをそのまま出してきた感じだ。
heaven cより高域の刺さる範囲が広く、高域の好きな人は受けつけるだろうが高域に敏感な私みたいな聴覚の人は気に入ることは難しい。

次にStereo誌の1月号付録予定のLuxman LXA-OT2。

バッファ部分にGRADOのヘッドホンアンプRA-1に使用されたNJM4556を2つ使いながらもローノイズで中々好印象。
パッと聴いてHifiな音とは感じなかったが3000円弱でこれが手に入ると思えば安いものだ。
ただ電源ON/OFFのスイッチが無くUSBに刺したら電源が付く仕組みのようだ。
私は改造用に1台、そのままで使う用に1台欲しいと思った。

次にORBブースで新しいヘッドホンアンプを試聴。
ORB ピュアオーディオクオリティヘッドホンアンプ JADE casa black オーブORB ピュアオーディオクオリティヘッドホンアンプ JADE casa black オーブ
()
ORB オーブ

商品詳細を見る

音の線が太いながら解像感が高く、非常に高品質なアンプでした。
メーカの方は5万円で10万円クラスのP1uにだって勝てると豪語していましたが、確かに音の作りはハイエンド機種に対抗したような堅実で繊細さを兼ね備えたバランスの良い製品でした。

会場を出る前にタイムロードブースに再び立ち寄ったところChordette GEMがアウトレット価格1万円で売られていたのでGreenをお買い上げ。
タイムロード様様です。
Chordette GEM GN グリーン Bluetooth/USB DAコンバーターChordette GEM GN グリーン Bluetooth/USB DAコンバーター
()
CHORD

商品詳細を見る


その後、秋葉原に立ち寄りオシロ用のプローブを買ってホテルで休みました。
これで1日目は終了。→2日目に続きます。

UE 900 Noise-Isolating Headphones 【平行輸入品】UE 900 Noise-Isolating Headphones 【平行輸入品】
()
Ultimate Ears

商品詳細を見る

ウルトラゾーン マイク&コントローラー搭載バランスドアーマチュア密閉型カナルイヤホンULTRASONE TIO TIO(ウルトラゾ-ン)ウルトラゾーン マイク&コントローラー搭載バランスドアーマチュア密閉型カナルイヤホンULTRASONE TIO TIO(ウルトラゾ-ン)
()
ULTRASONE

商品詳細を見る

tag : イベント レビュー ニュース ヘッドホンアンプ

heaven VI試聴&レビュー

hVI2

大須のノムラ無線でheaven VIの試聴会やっていたのでじっくり聴いてきました。
まずは写真から

hVI1
形状はほとんどheaven IVと同じ。
hVI7
細身で金属は上位機種に比べてあまり使われていないと思って手に取ったが、思ったより重みを感じました。
hVI3
パッケージングは結構派手。Piano Forteの金属シリーズより箱にはお金かかってないかい?
hVI4
荒く使うとすぐに傷が目立ちそうなケースですがカッコいい。
hVI5
ノムラ無線の価格はこんな感じ。ほぼ定価
hVI6
試聴会の飾りは簡素…コルクボードってファイナルさん普段の試聴機用の木か金属のスタンド付けてあげてー
いやノムラ無線の趣向か?

音質レビュー
フラットから弱々ドンシャリ。
低域が柔らかいのだがその中に金属的な細い一本の柱を感じさせる音。
高域は今までのheavenシリーズの中で一番刺さりにくく滑らかで好印象。
中域は従来のheavenより少し奥行きを感じられなくなったheaven IVの弱点を克服しPiano Forteに少し近づき、ほどよい肉厚の女性ボーカルとはっきりとした男性ボーカルを表現する。
ストレスを感じさせないPaino Forteに次ぐ開放感のある鳴り方で、音がほどけて耳に入ってくるイメージ。
音場は従来のfinalのイヤホンと同じくかなり広く、自然で心地よく音に包まれる感覚を覚える。
解像感はかなりよく特に高域はPiano Forte金属シリーズより伸びがよく繊細かつ滑らか。
元々高域にクセのあるドライバを使いそれを筐体やフィルタで抑えているようなのでPiano Forteのような力強さと大胆さは弱いが、逆に繊細さとバランスの良さはPiano Forteや他のheavenシリーズより魅力がある。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★★☆
低音:  ★★★★☆

解像感:★★★★★
音場:  ★★★★★
遮音性:★★★☆
音漏れ:☆
(五個で満点、☆で0.5点)

試聴と撮影の後ノムラ無線の店員さんと話をしたが、やはりheaven IVから3万の差額を出せるかはなかなか気に入らないと難しいみたいです。
確かにIVと音は違いますが、IVもheavenの高音の刺さりを改善した音質でバランスが良いのが魅力ですから。
そういった点でこのheaven VIはフォルムで少し損をしてると思ってしまいます。
20万の最上位機種に使われるクロム銅がこの価格でと手に入るじゃないか!っと思うと安いと錯覚してしまいそうな私は揺れ動いております。

あとオフ会などでよく行くようになってノムラの店員さんも向こうから声をかけてくれるようになった気がします。

ファイナルオーディオデザイン バランスドアーマチュア密閉型カナルイヤホンFinal audio design heavenVI FI-HE6BCCファイナルオーディオデザイン バランスドアーマチュア密閉型カナルイヤホンFinal audio design heavenVI FI-HE6BCC
()
ファイナルオーディオデザイン

商品詳細を見る

FI-HE4BBL(heavenIV)FI-HE4BBL(heavenIV)
()
ファイナル オーディオ

商品詳細を見る

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。