スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Creavite Aurvana In-Ear (EP-AURVN-BK) レビュー



CreaviteのAurvana In-Earのレビューです。
このイヤホンはAmazonで6,500円で購入。
私が初めて買った音質を重視したイヤホンだったと思います。

見た目
ハウジング                                ケーブル分岐部分


プラグ部分                                ケーブルはしなやかです。


付属品(イヤーピースが各サイズ2セット付いてきます)


音質レビュー
全体の音のバランスはフラット~弱中低音寄りのモニター向けの音のバランス。
低価格帯のバランスドアーマチュアにありがちな痩せた音をなるべく抑えた印象だがやはり音が重なったり、
多く鳴るところではやはり臨場感が足りないところがある。
高音が若干丸まった印象を受け刺激が少なので長時間使用しても疲れにくい。
中低音は中庸な音で聴きやすいが迫ってくる印象は少なく迫力不足に終始悩まされる。
また市場に出始めたバランスドアーマチュア製品らしく重低音が少ない。
解像感は普通~若干良く、定位は若干悪く、音場は狭く耳のすぐ傍に壁を挟んだような感じ。
発売当時から2年くらい前ならこの価格帯でバランスドアーマチュアの音が手に入るなら圧倒的にコストパフォーマンスが良かったが、現在の低価格帯のバランスドアーマチュア型イヤホンが増えた今となっては絶対的な地位は無い。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★
中音:  ★★★★☆
低音:  ★★★★☆

解像感:★★☆
音場:  ★★★
遮音性:★★★★☆
音漏れ:
(五個で満点、☆で0.5点)

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
Aurvana In-Ear

やはり高域の音量が少なく、実際刺さりが少ないことが頷ける。
密閉度は高いのに重低音が少ないのはドライバの特性か。
その他について言えばピークが無くクセの少ない機種なので嫌いな人は少ないのではないだろうか。

Creative インナーイヤー型イヤホン Aurvana In-Ear ブラックモデル EP-AURVN-BKCreative インナーイヤー型イヤホン Aurvana In-Ear ブラックモデル EP-AURVN-BK
(2007/11/03)
クリエイティブ・メディア

商品詳細を見る


Creative インナーイヤー型イヤホン Aurvana In-Ear ブラックモデル EP-AURVN-BKCreative インナーイヤー型イヤホン Aurvana In-Ear ブラックモデル EP-AURVN-BK
(2007/11/03)
クリエイティブ・メディア

商品詳細を見る


Creative Aurvana In-Ear 3 インナーイヤー型イヤフォン EP-AVNER3Creative Aurvana In-Ear 3 インナーイヤー型イヤフォン EP-AVNER3
(2011/06/22)
クリエイティブ・メディア

商品詳細を見る
スポンサーサイト

tag : レビュー

コメントの投稿

非公開コメント

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。