スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALESSANDRO Music Series ONE (GRADO)レビュー



ALESSANDROのMusic Series ONEのレビューです。
このMusic Series ONEはSound Houseで2010年秋頃、9,980円で購入。
初めて私の買った一般に高価と言われる価格帯のヘッドホンです。
その形状、プラグ変更の時期からGrado SR-80iのOEMと推測できます。
SR-80iは11,480円(Amazon 2012/1/22現在)なので今となってそこまでコストパフォーマンスは良くありませんが、
当時は14,800円だったので5000円近く安かったと思います。

見た目レビュー
ハウジング                                  イヤパッド


ハウジング支え                                ヘッドバンド(人工革です)


ケーブル分岐部分                               プラグ部分


軽く、ヘッドバンドの圧迫感も少ないので長時間の使用が可能です。

音質レビュー
全体的な音の傾向としてはフラット~弱ドンシャリ。
高音の刺さりはないが刺激的である程度伸びと抜けが良い非常にバランスが良い音。
低音は開放型にしては主張してくる方だがしつこくなくまたキレも良い。
中音がさっぱりしているが丁寧で女性ボーカルが軽く弾むような印象になる。
解像感は価格にしては中々良く、分離感もしっかりしている、しかし音場は開放型にしては広くなく普通。
これと言ったピークもなく、開放具合が高いので力強い音圧は感じにくい。

音圧バランス(イメージ)
高音:  ★★★★☆
中音:  ★★★★☆
低音:  ★★★★☆

解像感:★★★★
音場:  ★★★
遮音性:
音漏れ:★★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

周波数特性(R)※マイク:WM-61A
MS-1 grado
なんかカナル型イヤホンみたいな特性。

手で開放部分を塞ぐと耳で聞いても測定してみても低音が大幅に減ります。
ヘルムホルツ共鳴器か開放管共鳴を利用しているのかな?(前者のほうが有力かな?)
MS-1 Mippei

MS-1 Mippei
赤:通常MS-ONE,青:密閉MS-ONE

カナル型イヤホンに似ていると思ったのでER-4Sと比較
MS-1 ER-4S
赤:MS-ONE,青:ER-4S

構造やドライバが違っているわりには似ていると思いません?

GRADO ザ・プレスティージ・シリーズ ヘッドホン SR80iGRADO ザ・プレスティージ・シリーズ ヘッドホン SR80i
()
Grado

商品詳細を見る
スポンサーサイト

tag : レビュー

コメントの投稿

非公開コメント

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。