スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各メーカのイヤホンのイメージ



イヤホンを出している各メーカの音質、メーカについての個人的なイメージについての雑記です。
大体、所有イヤホン、ヘッドホン祭り、オフ会、店頭で聴いたイメージ+ネット上のレビューを見てのメモみたいなものです。

AKG (代表機種:K3003、IP2)
最近ハイエンド機種のK3003を出した。
K3003はかなり実験的な特性を追及し音質も優れている。
あまり他の機種の印象が無いが一応IP2などの中価格機種を出しているが自社でこだわってチューニングしているイメージは無い。
低価格帯は偽物が多いので注意。

AKG 密閉型カナルイヤホン 『 K3003 』
AKG プロフェッショナルモニター・ワイドレンジイヤフォン IP2

ATOMIC FLOYD (代表機種:Super Darts、HiDefJax AcousticSteelなど)
高音寄りの激しいドンシャリイヤホンを多く出す。
ダイナミック型は開放感のある音でよくSony MDR-EX90と比べられる。
高音は量が多いので基本的に刺さるが気持ちよい刺さり。

Atomic Floyd SuperDarts+Remote SAF-EP-000013
Atomic Floyd HiDefJax AcousticSteel SAF-EP-000001

audio-technica (代表機種:ck10、ck100Proなど)
古くから高音に特徴のある機種が多い。
したがって、個人的に高域の刺さる機種に多く出会う。
気持ちよく刺さる機種(ck10、ck9)と不快に刺さる機種(ck100Pro)があるため試聴必須。
個人的には100Proよりck100のほうが好きな音だった。
最近はソリッドバスシリーズなど低音に量感を持たせた機種を出す。
お寿司製造機で定評がある。

audio-technica バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ATH-CK10
audio-technica トリプルバランスドアーマチュアインナーイヤーヘッドホン ATH-CK100

BOSE (代表機種:IE1、IE2など)
基本的には低音寄りで穏やかな音を出す。
解像感は弱めだがその聴き疲れしにくく迫力のある音にファンも多い。
スピーカのBOSEサウンドを落とし込んだ感じが出ているのでメーカとしてちゃんとこだわりを感じる。

【国内正規流通品】Bose IE2 audio headphones

Creative Media (代表機種:Aurvana In-Ear、Aurvana Air、EP-630など)
フラット~弱ドンシャリのバランスのイヤホンを出すメーカ。
ポピュラーな音作りが得意でそういったところではPHILPSと似ている。
コストパフォーマンスが良くAmazonで買えるので友達に高級イヤホンへの足がかりに布教しやすい。

Creative インナーイヤー型イヤホン Aurvana In-Ear ブラックモデル EP-AURVN-BK
Creative イヤーフック型イヤホン Aurvana Air EP-AVNAIR

DENON (代表機種:C710、C700など)
定番っぽいドンシャリイヤホンを出す。
低音の量感は多いがボヤけすぎず、締まりすぎずいたって地味。
それゆえ耳に馴染みやすくコストパフォーマンスの良いイヤホンを良く出す。

DENON インナーイヤーヘッドホン AHC710

ETYMOTIC RESEARCH (代表機種:ER-4S、ER-4P、ER-6など)
target curveという人間のフラットに聴こえる周波数特性に合わせてチューングしている。
全体的にフラット~弱中高音寄りの音調の印象。
絶対に重低音を強調したイヤホンは出さないイメージがあるが、研究結果次第で出てくる可能性もあるかも。

Etymotic Research イヤホン ER4S-B
Etymotic Research カナル型イヤホン ER-6

final audio design (代表機種:Piano Forte IX、heaven sなど)
開放型はカマボコ、密閉カナル型は弱ドンシャリ~強ドンシャリの凄い個性の強いイヤホンを出しているメーカ。
開放型機種と密閉型でもBAM搭載機種は音場が広い。
変態的な音を出しかつ変態的に高い価格なので出た当初は2chでもネタ扱いだったが熱狂的なファンが存在する。
やけにハウジングの素材を気にしている、Piano Forteシリーズは顕著に金属によって音が変わる。
イヤホン業界で唯一ピュアオーディオに分類される。(←オカルト?)
ラディウス以上の中二的なネーミング、台詞が目立つが1974年からそうだったみたいなのであえて言及されない。
営業の人がかなり親切だがプレゼント企画をやりすぎて売り上げは落ちないのだろうか?

ファイナルオーディオデザイン ステンレス削り出しイヤホン Piano ForteIX FI-DC1602SS FI-DC1602SS
Final Audio heaven s バランスド・アーマチュア型イヤホン 真鍮削り出し筐体 FAD-FI-BA-SB

Klipsch (代表機種:image X10、image X5など)
バランスは大体ドンシャリのイヤホンを出す。
各製品ごとにちゃんとしたメーカの意図したチューニングをしている印象。
ただX10だけ低音寄りでメーカの特色と合っていない印象があるがこのX10のファンも多い。
シングルBAでありながら音場が広め。

Klipsch イヤホン Image X 10
Klipsch イヤホン Image X5

MONSTER (代表機種:Beats IE、Turbine Pro Copper、Miles Davis Tributeなど)
低音寄りと言うより重低音寄りでウーファを設置したような地響きのような低音が特徴。
何気にCopperやMiles Davis Tributeなどは高域の特性も良く繊細で綺麗な音を出す。
他社には絶対出せないソリッドかつ地響きのような低音。
偽物が多いので購入する際には注意。

MONSTER CABLE ダイナミック型イヤフォン MH Beats IE by dr.dre
MONSTER CABLE イヤホン MH TRB-P IE CPR

PHILIPS (代表機種:SHE9700、SHE9850など)
ドンシャリ~弱ドンシャリのポピュラーな音のイヤホンを出す。
音質が価格にしては良く、SHE9700はカナル型イヤホンで一番売れたと言っていい。

【アウトレット】 PHILIPS イヤフォン SHE9700-A
PHILIPS インイヤーヘッドフォン SHE9850

Panasonic (代表機種:HJE-150、HJE-900など)
音のチューニングは弱ドンシャリで統一している。
高価格帯より1,000円くらいの低価格帯がよく話題に上がる。
オーディオクラスタの間では何かと影が薄く、
Sleek Audioのリケーブル機種に互換性のあるHJE-900の交換のほうが話題に良く上がるレベル。
しかしHJE-900はハウジングにジルコニアを使っていてfinal audio並みに素材にこだわっている。

Panasonic ステレオインサイドホン RP-HJE150
Panasonic ステレオインサイドホン ホワイト RP-HJE900-W

ortofon (代表機種:e-Q7、e-Q5)
フラット~弱中高音寄りで女性ボーカルが聞きやすい機種しかない。
全機種一次極性BAドライバを使用しているので非常にフラットなのが特徴。

オルトフォン カナル型インナーヘッドホン レッド ortofon e-Q5-R E-Q5/RED
ortofon バランスド・アーマチュア方式 カナル型イヤホン e-Q7-R(レッド)

radius (代表機種:ドブルベ、ドブルベ ヌメルドゥ)
ドンシャリ~低音寄りのイヤホンが多い。
BOSEのイヤホンに似た穏やかな低音が特徴で音圧で押す低音ではない。
低価格帯のイヤホンもドンシャリのイヤホンが多いがあまり話題に上がらない。
ハイエンド機種の中二病的なネーミングがたまらない。
ヘッドホン祭りで女性限定で配られるイヤホンは大体このメーカの低価格機種。

radius W ドブルベ HP-TWF11R
radius インイヤーヘッドホン W n°2 ドブルベ ヌメロドゥ ノワール(ブラック) HP-TWF21K

SENNHEISER (代表機種:IE8、IE80、CX300など)
低音寄り~ドンシャリの音のバランスで音場が広い機種が多い。
最近出たIE80はよりHD650に近づいた印象でちゃんとメーカの目指す音があるようだ。

Sennheiser イヤーモニター IE80
Sennheiser カナル型ヘッドフォン CX 300-2 Chrome CX300-2 Chrome

SHURE (代表機種:E4c、E2c、SE530、SE535など)
弱中低音寄り~フラットのバランスの機種が多い。
音場はこじんまりとした印象でそんなに広くないのがシュアぽい。
派手な音を出す機種は無いがどの機種も堅実でハズレが無い。
一時期ケーブル硬化問題をかかえたのもあって現在の機種はケブラーを使用した強靭なリケーブル仕様となっている。

SHURE SE535
SHURE SE215 高遮音性イヤホン

Sleek Audio (代表機種:SA6、SA1)
フラット~弱々中低音寄りのバランスで非常にボーカルが聞きやすい。
音場は狭めだが音響調節機能が付いているので好みで音質を微調節できる。
最近活動していないがSA7、SA6rを発表しているので2chでもしぶとく期待されている。
次回作は本体の強度問題を解消した強靭なモデルのようだが軟くなったケーブルも強靭にして欲しい。
SA6は「Sleek-する」という他動詞を生み出したことで有名。

スリークオーディオ ダイナミック密閉型カナルイヤホンSLEEK AUDIO SLK-EP-000002

SONOCORE (代表機種:COA-803)
強低音寄りのバランスであるが中高域もソリッドに聞けるので低音ファンには人気。

イヤフォン SONOCORE COA-803

SONY (代表機種:EX90、EX1000、E930など)
弱ドンシャリ~フラットの音が多い。
900STのようなモニターライクな音を目指している機種がハイエンド機種を中心に多い。
最近、独自開発のBA機種 XBAシリーズを出したがマルチドライバ機種が経験不足からかイマイチ。
XBAスレでは批評派と肯定派で現在荒れに荒れている。
どのメジャーなメーカのイヤホンのスレッドならいつかは通る道である。

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー EX1000 MDR-EX1000
SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-1SL XBA-1SL

SOUL by Ludacris (代表機種:SL99、SL49)
低音寄りでMonsterっぽさとSennheiserぽさが混在している。
正直何がやりたいメーカなのか私は理解できていない。

SOUL by Ludacris ヘッドホン SL99

ULTIMATE EARS (代表機種:10Pro、5Pro、3stuなど)
弱ドンシャリのバランスのイヤホンを出す。
イヤホンにしては音場が横に広く臨場感のある音が特徴的。
個人的には低音より高域がしっかりしている印象を受ける。
Logicoolが買収してから人気のあった5Pro、3stuを生産終了し、低価格路線に舵を切って迷走中。
低価格帯でも音は良いが、人気のあった機種を後継機も出さずシリーズを縮小させたのは理解できない。
以下のAAがスレッドでは大体貼られる。
モコモコにしてやんよ

  ∧_∧
  ( ・ω・)=つ≡つ
  (っ ≡つ=つ
  ./   ) ババババ
  ( / ̄∪

   /ヽ /ヽ
  ':' ゛''"  `':,  
  ミ   ・ω・ ;,
 :; . っ     ,つ
  `:;      ,;' モコッ
   `( /'"`∪

Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO
Ultimate Ears 700 高遮音性イヤフォン UE700r

Victor (代表機種:FX500、FX700、FXC71など)
ソリッドなドンシャリ(FXC71、51)からカラッとしたドンシャリのイヤホン(FX500、700)が目立つ。
振動版に木を使ったり、炭素を使ったりを何かとチャレンジャーなイヤホンを出して成功している。
木の振動版は日本酒に付けているらしい、それは本物の日本酒の純米大吟醸の天狗舞だろうか?

JVCケンウッド ビクター ステレオミニヘッドホン HA-FX700
ステレオミニヘッドホン HA-FXC71

Westone (代表機種:Westone3、UM3X、Westone4など)
ドンシャリ~フラットまで幅広い音調のイヤホンを出す。
Shureと同じくハズレ機種が無く大体のイヤホンで好みの差で使えない機種は出ない。
音場はこじんまりしている印象でこれもShureに似ているが高域がWestoneのほうが刺激的。
それ以上にWestoneがShureと違うことはカスタムIEMを作っている。
低音BAドライバにCI-22955をよく使うイメージがある。

Westone イヤホン Westone3
Westone WESTONE4R バランスドアマチュアドライバー( 2xLow/1xMid/1xHigh) 着脱可能ケーブル 新防水加工モニターハードケース WST-WESTONE4R

ZERO AUDIO (代表機種:BX500、BX300)
音のバランスのイメージは特に無い。
BX500は低価格帯のBA機種で音質に定評があり周波数特性も良い。
BX300は一磁極性BAドライバっぽい。
一磁極性BAドライバで遊びたい人はBX300を割れば安く手に入るかもしれない。

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン ダーククローム ZH-BX500-DC
ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン アクティヴクローム ZH-BX300-AC


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。