スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UM SE530X6の周波数特性グラフの比較



届きましたSE530X6の周波数特性を他のIEMと比べてみました。
SE530X6は3Way 3Unit 6DriverのカスタムIEMです。

まずは元のShure SE530との比較。
SE530X6 SE530
赤:SE530X6青:SE530
高域のピークのでき方が違っています。
おそらく共鳴管の長さと高域のドライバがまったく違うものになったためでしょう。
2~4kHzあたりが似ています。この帯域のあたりでSE530の低域ドライバが使われているのではないでしょうか。

一個目のカスタムIEMの1964-Tとの比較。
SE530X6 1964-T
赤:SE530X6青:1964-T
カスタムIEMメーカによってどこに高域ピークを持ってくるか音作りに違いがみられます。
個人的には1964のように8~10kHzにピークを持ってくるより5,6kHzあたりで持ってきたほうが不快な高域の刺さりが無く良いように思います。

UMの試聴機Miracleとの比較。
SE530X6 Miracle
赤:SE530X6青:Miracle
ほとんど同じドライバ構成で中域のドライバのベースポートがあるか無いかくらいの差ではないかと思っていますが、結構高域と低域の量が違います。
ネットワークが変えてあるか、試聴機とカスタムIEMの密閉度と共振管の長さの差だと思います。
2~4kHzの音も違っているのでここはSE530の低域ドライバのベースポートの効果かと思います。

UMの試聴機Merlinとの比較。
SE530X6 Merlin
赤:SE530X6青:Merlin
Merlinのほうが低域の低いところに集中して山があります。
ただこれも試聴機で十分な密閉がされていないからか低域が少ないように思います。
高域はTWFKのネットワークが違うのか波形も違う出方をしています。

UMの試聴機Mageとの比較。
SE530X6 Mage
赤:SE530X6青:Mage
高域の形は似ていますがそれ以外は似ていません。
また十分な超高域の伸びが試聴機であるためかMageには見られません。

Westone3との比較。
SE530X6 W3
赤:SE530X6青:Westone3
SE530X6も結構なドンシャリですが低音の量ではWestone3には適わなかったようです。
ただWestone3は低域の山が中域にもかかっているため、SE530X6のほうが低域の沈み込む感じが出ていてキレの良い気持ちが良い低音です。

SHURE 高遮音性イヤホン メタリックブロンズ SE535-V-JSHURE 高遮音性イヤホン メタリックブロンズ SE535-V-J
(2010/08/10)
SHURE

商品詳細を見る

Westone イヤホン Westone3Westone イヤホン Westone3
(2008/12/01)
ウェストン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。