スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

final audio design Piano Forte IX (FI-DC1602SS) ファーストインプレッション

final audio design Piano Forte IX

final audio design Piano Forte IX (FI-DC1602SS)のファーストインプレッションです。
聴き始めてからあまり時間が経っていませんが大体の音の印象を掴めて来たのでメモ程度に残しておきたいと思います。


イヤーチップは無しの金属イヤーチップ。

ハウジングには空気圧調節用の空気孔。

全体のフォルムが独特。

音質
音の傾向は若干カマボコ~低音寄り。
重低音は開放型らしく出ていないが低音の量が多いので低音全体であまり不足した印象を受けない。
低音のキレが凄くダイナミック型でトップクラス。
解像感はやや良い程度で価格から考えるとかなりがっかりする。
しかし音に臨場感があり音の傾向に助けられてほとんどのジャンルで少し大きめの音で鳴らしても聴き疲れしない。
音の分離感が非常に良く楽器と楽器の距離感がわかるほどしっかり分離する。
音場は広くウルトラゾーンのCDの環境音を聞くとまるでその環境の中にいるような感覚を持った。
高域は控えめだが所々ピークがありやかましく感じる場面がある。
結構曲のジャンルを選ぶが今のところジャズ、クラシックは相性が悪いものを発見していない。
意外に低音の音が大きめの男性ボーカルのR&B、ヒップポップに合うので驚いている。
女性ボーカルは大抵のものが合うがサ行がキツめの曲は高域のピークが気になって聴いていられなかった。
しっとり歌いあげる感じの曲との相性が良いのでそちらを中心にチョイスすると良い。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★☆
中音:★★★★☆
低音:★★★★☆
(五個で満点、☆で0.5点)

周波数特性グラフ(※マイクWM-61A、カプラ3cm)
PF9 ER-4S
赤:Piano Forte IX,青:ER-4S
装着具合にもよるが高域の伸びが全体的にイマイチ。
重低音は期待してはいけないが、振動版が大きいからかグラフ以上に実際聴いてみると聞き取れる。

その他
装着感はそんなに悪くなく、カスタムIEMの耳にみっちり詰まった感じとは間逆で耳に何も付けていないときのように開放感があり装着の痛さは感じない。(もちろんこれは私の耳が少し大きいのもあってのこと)
耳に装着するポジションはイヤチップが無いので自由かと思いきや意外と外耳と耳介の決まった部分しっかりフィットした。
低価格帯のPiano Forte IIより遥かに装着感が良く、長時間の使用になっても痛くならない。
一度そのように装着すると頭を振っても頭を傾けてもイヤホンが落ちないので非常に安定している。
耳の奥深くに密閉して装着しなくても十分な低音が出ていて耳の穴に軽く挿入してあとは耳介に置く感じ。

ファイナルオーディオデザイン ステンレス削り出しイヤホン Piano ForteIX FI-DC1602SS FI-DC1602SSファイナルオーディオデザイン ステンレス削り出しイヤホン Piano ForteIX FI-DC1602SS FI-DC1602SS
(2011/04/21)
ファイナル オーディオ

商品詳細を見る

Final Audio PIANO FORTE IIダイナミック型イヤホン ABSモールド筐体 FAD-FI-DC1550M1-BLUE ブルーFinal Audio PIANO FORTE IIダイナミック型イヤホン ABSモールド筐体 FAD-FI-DC1550M1-BLUE ブルー
(2010/12/03)
ファイナル オーディオ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このシリーズはイヤホンを手で押さえながら聴くと聞いたのですが
一応普通のイヤホンらしく使えるのですね。

それにしても銀ぴかのフォルムはなかなか写真映えしております

Re: No title

美坂様、コメントありがとうございます。

旧作のDC1601シリーズでは指で押さえるためにハウジングに少し窪みをつけてありましたね。

このイヤホンの撮影は少し面倒ですね。
置く角度によっては部屋の様子がばっちり写ってしまいますし、
シャッターもカメラを三脚で固定しタイマかリモコンシャッターに設定して部屋を出ないといけません。

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。