スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1964 Ears 新カスタムIEM 1964V3の発売を発表



http://www.facebook.com/photo.php?fbid=459589304074402&set=a.128535777179758.13921.128535227179813&type=1&theater

1964Earsの新しいカスタムIEMの1964V3の発売が決定しました。
価格はかなりお買い得の425ドル、発送は8月1日のようです。
発表からそんなに時間が無いので1日は流石に間に合わないと思いますが…
したがってあらかじめオーダーしておけば8月の始めに手に入るかもしれません。
ただオーダシートには1964V3は選択できないようになっているのでメールでやり取りが必要だと思います。

同じ1964-Tとの相違点は同じ3ドライバでも2ウェイから3ウェイになりました。
公式の発表によるとより豊かな低音、より魅力のある中音、変わらない美しい高音とあるので、
前機種(?)の1964-Tの高音は評判がよかったようですね。(耳の相性の関係で私以外になっちゃいますけど…)

各社3Wayの定番のBAドライバの構成はCI22955(低域)+TWFK(中高域)なのですが、
公式の言ってる変わらない美しい高音ということで高域、低域はED-29689、CIそのままで中音にDTECのシングルのTECを入れてくれないかなーと思ってたり…
ただそれだとネットワークが複雑になり開発費用、人件費、原価が上がりとても425ドルじゃ売れないと思うので定番のCI22955(低域)+TWFK(中高域)が高いと思います。
きっちり周波数を分けているなら私の妄想した構成ではCI22955にローパスフィルタ、TECにバンドパスフィルタ、ED-29689にハイパスフィルタを自社で入れなければいけません。
それに比べて定番のTWFK+Ci構成ではCIにローパス、TWFKはCIの低音に被らせてそのままかTWFKのロー側をローカットするだけで良いのですから…

私は1964のサポート体制とシェルやケーブル、ケースの出来が良いので結構好きだったりします。
中国の人件費の面で有利なメーカが乱立する中、アメリカ発の新興メーカなのもあって個人的に応援してます。
据え置きのスピーカ+アンプ買ってお金に余裕があったらオーダしちゃうかも…
早く公式サイト+オーダシートも対応して注文しやすくなって欲しいものですね。
あと海外の人のレビューも欲しかったり
スポンサーサイト

tag : カスタムIEM

コメントの投稿

非公開コメント

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。