スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1964その後のその後

1964-Tをインプレッションをとった補聴器屋に持っていったら
耳道の部分が太すぎて使いづらいのではないかというアドバイスをいただきました
どうやらカスタムIEMのようなフルシェルで作る場合耳全体で密閉できていれば良く
耳道の部分が大きいということはフルシェルの利点を活かせていないとの事・・・
たしかに装着が友達がカスタムを付けている時より時間がかかっている感覚があったのは確かです
幸い1964 Earsにはリシェル期間として1ヶ月がもうけられており、
補聴器屋の店員さんにオーダーする際のアドバイスを受けそれを参考にリシェルに出しました
あと強くしすぎた高音域も直してくれるようなので標準のチューニングにしてくれるように頼んでおきました
しばらくはマルチウェイのSE530と10Proでの音楽生活ですかね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。