スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Miles Davis Tributeを購入!そして偽物も・・・



Monster Miles Davis Tribute (MH MLD IE)を購入しました。
米国Amazon公式にて$254(日本円で20,320円←1ドル80円換算)で非常にお得。
送料はたしか$16だったかな?
日本国内では4万から4万5千円なので保障を受けるとき少し苦労してもいいなら断然米Amazonがお勧めです。
ダイナミックの王様、ジャズの帝王Miles Davis Tributeは所有欲を満たしてくれます。
その派手なデザイン、豪華な付属品、そしてその迫力満点な音すべてが王様であるということを表しています。



「なんで二つもあるのか」って?
右は今回入手したAmazon正規流通品のMiles、左がヤフオクやマケプレで売られている偽Milesです。
そう、Monsterには台湾、中国系の偽者が横行しているのです。
パッケージをぱっと見た限りではさっぱり偽物、本物の区別が付きません。
でもよくよく見てみると偽物は印字がボケていたり、光沢加工の部分が荒かったりします。
この偽物はヤフオクで2000円+(送料1500円)で落札、
当初は偽物でもジェルチップの品質が中々ということで持っていました。



本体を並べた図です。
手前左側が本物、奥右側が偽物です。
見分け方は本物のほうがハウジングの金色が薄く落ち着いていて、メタリック部分が黒っぽいところです。
偽物は金色部分が濃く派手でオレンジがかっていて、メタリック部分は明るい色です。
またケーブルの出ている金色の金具部分が本物のほうが濃く、偽物のほうが薄くかすれています。
重さも本物の方が明らかに重いです。



プラグ部分です。
手前左側が本物、奥右側が偽物です。
本物方がプラグのハウジングが短く、金色が濃くツルツルしています。
偽物はハウジングが長く、金色が薄くかすれていて、どちらかというと銀色に近いように見えます。



ケーブルの分岐部分です。
手前下が本物、奥上が偽物。
本物はMonsterの印字がシルバーでシリアル番号なし、偽物は印字白でシリアル番号があります。
ちなみにこの偽物のシリアル番号、ケース側のシリアル番号と一致しておりません。
本物は本体、ケース共にシリアル番号はありません。
分岐前のケーブルは本物のほうが若干太く硬く、ちゃんとシールドされていると推測できます。
分岐後はどちらも同じ太さですがやはり本物のほうがケーブルは硬く、クセが取れにくいです。

付属品は偽物のほうがイヤーチップが少なくジェルチップが一組、フォームチップが一つもありません。
ただしケース3つ、CD、説明書は同じように付いてきます。

音質(←もちろん本物のほう)ファーストインプレッション
低音が地鳴りのような音であるが締まっていて、ボヤけることがない。
高音が若干かすれるが潤いがあり甘く芳醇な響きが感じられる。
中音は中性的だが少し乾いていて、音量も他の帯域と比べ少なめであるがダイレクトに耳に届くので聴きづらくは無い。
定位感が良く楽器の定位には部類の強さを誇る。
音場は若干広い。
それ以上に音に深みと厚みがあり濃密な音でムード満点な印象。
低音の音圧の割には破綻したようなチューニングでないのが不思議。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★
中音:★★★
低音:★★★★★☆(←5.5、明らかに限界突破、オーバーしているイヤホンに収まる音圧ではない)
(五個で満点、☆で0.5点)

その他
低音控えめなCK4と組み合わせれば何でも聴ける(気がする)。
R&B、レゲエ、クラブミュージック、一部の激しいROCKでは低音の音圧のせいで音が破綻することも・・・
反面、ジャズ、クラシック、爽快感のあるROCK、ボーカル物は高音の良さもあって素晴らしいものがある。
上等な2.1chスピーカで聴いているようなムードと地響きのような低音である。
若干作りは荒い、一つ一つのパーツは綺麗だが組み立ての接着が荒くずれているところがある。
エロい!とにかく女性ボーカルがエロい!
個人的にはEdition 9以上の低音の迫力、音質ではないだろうかと密かに思っている。
IE8ほど万能ではないがIE8より音質が良い。

エクストラ
音質(←偽物)ファーストインプレッション
全体的に薄い音、低~高と金属質でシャリシャリ鳴っている印象。
音質は普通~ちょっち良い程度、価格からするとまあまあ。
音場、定位は普通、安物にありがちなぼやけは無いがやはり全体的に痩せた印象を受ける。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★★
中音:★★★★
低音:★★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

低音を除けばこのソリット感はCopperに似てないことも無いかも・・・
左に音が寄っているのでドライバー、ノズルに何か問題があるのかもしれない。
地響きのような低音ではない。


IE8(独)→Miles Davis Tribute(米)とダイナミックでここまで来たからには
次ダイナミック買う場合はfinal audioのDC1601、DC1602あたりを日本代表として選出したい。
Sony MDR-EX1000?
面白みが無いのでパスでww
いやいや、いい機種だと思いますよ。
でも優等生ラインナップはk702,ER-4S,SE530で間に合ってるんです。
スポンサーサイト

tag : レビュー

コメントの投稿

非公開コメント

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。