スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CK4は本当に高音寄りなのか?

おもしろい記事を見つけました。
http://www.erji.net/read.php?tid=1039848&fpage=3&toread=&page=1
この記事によるとCK4のフォーンアウト側のアンプ回路はコンデンサが直列に入っていて、そのコンデンサの容量が少ないためインピーダンスの低いイヤホンに繋ぐとCRハイパスフィルタにより人間の可聴域の音をカットしてしまうため低音が足りなく感じるかもしれないという内容かな?(←中国語は詳しくはわからないため主に画像で判断しています)
さらにこの記事ではそのコンデンサに並列に大容量のコンデンサを並列に繋ぎ容量を上げ、カット周波数を可聴域の外にもっていくというもの。
結構スペースギリギリです。

その結果がこちら
測定結果(中)

左側がそのままのCK4、右側が並列にコンデンサを繋ぎオペアンプ側の抵抗を変えたCK4の表です。
インピーダンスの低いイヤホンを挿したときのCRハイパスフィルタを擬似的に再現するためにダミー抵抗16Ωを入れています。(T型アッテネータかな?)
効果があったようです。dBの部分を見ると明らかに改造後のCK4の方がフラットに近づいています。


そこで私のCK4もコンデンサをパラった場合効果があるのか測定してみました。
解析ソフトはRMAAを使い、録音はマザーボードオンボード、録音ソフトはbaile、上記の測定と同じように16Ωを直列に入れて計測。

結果は以下のとおり


あれ?おかしくね?
赤丸で囲ったあたりが何も抵抗を入れていない場合と16Ω抵抗入れた場合の違いが出ていますが、上記の結果または(カット周波数)fc=1/2πRCの計算値45.21Hzとかけ離れています。
グラフから読み取ると9Hzあたりから微妙に落ちていますがカット周波数は通過帯域から-3dBのところをとるので全然足りません。(それに高域になるにつれて波打ってます・・・)
手抜きで直列に抵抗入れただけなのがいけなかったのかな?T型もしくはπ型アッテネータだったら良かったのかな?
記事の方の無改造CK4の測定値は通過帯域が大体-4.2dBで50Hzで-6.58その差2.38で45Hz(-3dB)がカット周波数であるのは間違いないと思われます。
まあ45Hzくらいで-3dB落ちた程度じゃあ高音寄りとは言いにくいですし、実用に問題はないかと思うんですが・・・

CK4 hyouka
他のデータの値もまあまあですし。
ただ、THD + Noise, dB (A)が悪いですが他のプレイヤで測定しても同じ感じだったので測定器に問題があるようです。

いろいろ問題が考えられます・・・
�アッテネータの型が間違っていた。
�測定器(マザーボード側)に余計な回路が入っていて想定どおりの回路でなくなった。(かなり大きい抵抗が入っていた?)
�測定器側に測定時、低周波ノイズがCK4の出力並みに出ていて一緒に録音された。(可能性は0に近い)
�元のCK4のアンプ回路に修正が加わっていてロットによってコンデンサの容量や回路設計が違う。
�録音ソフト自体がデフォルト設定でエフェクタもしくはバグで低域の録音精度が悪い。

iModをコンデンサ+抵抗通しただけのラインアウトで出したときは綺麗にカットオフ出てましたけどねぇ。

と、甘い分析をして今日はここまで。
そのうち中を開けて確認したいと思います。
そのうち記事で出てきたようなコンデンサパラってみたいけど、このサイズは日本で1、2個単位で手に入るのかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。