スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sony XBAシリーズを聴いてきた。(あとコンデンサ買い漁り。



Sonyの新作BAイヤホンの試聴してきました。
場所は名古屋栄のソニーストア、日曜なのにイヤホンブースはかなり空いていてじっくり聴けました。
試聴したのはXBA-1, XBA-2, XBA-3, XBA-4, EX1000。
EX1000はワインのテイスティングにおける食パン的役割でした。



公式の周波数特性を見るとかなりいい加減。
縦軸、横軸に単位、数値が書いてありません。
何も知らない人はスペック表と見比べて好意的にレンジを20Hz~30kHzと解釈しかねません。
カナル型イヤホンに良く見られる高域のディプを考慮するとせいぜい10kHz~12kHz程度かと。
それに比べてRadiusのドブルベシリーズはちゃんとしたグラフを載せてなんて親切なんだろう・・・
まあEtymotic Researchは研究機関だから乗せて当然だよね!(←フェアじゃないって?

とりあえずレビュー
環境はiMod→Dock(Black Gate)→Go-Vibe Sharps、Colorfly CK4。
試聴曲は前日に厳選した以下の曲(アニオタからオーオタまで満足できる選曲になるように考えました)
Love for Sale - Miles Davis
運命 -SADAME- - Aquaplus
Misery - Maroon5
はじめてのチュウ(Jazz) - Rasmus faber
恋クラゲ - とらドラ
Miss Independent - Ne-yo
Sweetest Girl - Wyclef Jean
比翼の羽根 - eufonius
Sweep音(20Hz-20kHz) 20-20kHzのSin波スイープ音

おいおいクソ曲ばっかじゃねーか、と言うのは無しで・・・

ポタアンのSharpsも9V電池2本も使用したポータブルにして電圧の高いほうなのでパワーもあり鳴らしきれないということはないと思われます。
そもそもこの構成で鳴らしきれない時点でポータブルユースを主な目的としたイヤホンでは欠陥品と言ってもいいわけで・・・

XBA-1
全体的な周波数におけるバランスは良い。
フラット~ややカマボコだが低音はBAにしてはしっかり出ているほう。
低価格BAにありがちな全体的な擦れ、ザラザラした感じが出ていて良くも悪くもシングルBA一万円以下。
音場はいたって普通で狭くも無く、広くも無いが遠近感がはっきりしていないためかも。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★
中音:★★★★★
低音:★★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

XBA-2
周波数のバランスはやや悪いが低音スキーの人は許容できるかも。
しかし、低音の音圧とMonsterまでとはいけないが濃密な音質に比べ中高音が薄っぺらく感じられ、
全体のバランスとしては低音BA足したことで悪い方向に行ってしまっている感じがする。
音場は普通~ほんの少し広く感じる程度だが低音の実量感に比べ中高音の立体感の無さはやはりアンバランス。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★☆
中音:★★★★
低音:★★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

XBA-3
周波数のバランスはやや良いか。
典型的なドンシャリ音でMonsterのMilesDTと10Proのちょうど間くらいの音の傾向。
しかし低音の締りが足りなく低音はボテっとした印象、中音が少し埋もれ気味だが十分聞こえる。
高音のレンジが広いように感じた少なくとも16kHzは強調してなのか軽く出ているように聞こえた。
音場はやや広いが低音のボテっとした締りの無さが足を引っ張っている。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★☆
中音:★★★
低音:★★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

XBA-4
周波数のバランスは悪い。
超ドンシャリで周波数の傾向だけを言えばMiles超えてるんじゃないだろうか。
低音の締りの無さは3以上でボワボワしていてMilesのようにズンズンくる感じではない。
Monsterの音の傾向に慣れている人は聴いていられるかもしれないがその人は多分Monsterを持っているので要らないと思う。
これも高域のレンジがXBA-3並みに広い、まあ同じBA使ってるからなぁ。
音場は普通からやや狭めで、やはりキレの無い低音が圧迫感を生んでいるのだと思う。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★☆
中音:★★
低音:★★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

EX1000
ER-4SバランスでER-4よりやや柔らかい音で低音の量感も少しある。
音場は普通でXBA聞いた後だととにかく聴きやすい。
XBAを聞く間のお口直し、いや耳直しに大活躍。
ただし全体的な音のキレはMilesやER-4Sのほうが上のように感じた。

音圧バランス(イメージ)
高音:★★★★★
中音:★★★★★
低音:★★★★★
(五個で満点、☆で0.5点)

BAのノイキャンも聴きたかったけれど調節中のため名古屋のソニーストアでは展示してありませんでした。
ちなみにXBAは全機種シュア掛けできました!ただし私の耳でのことですけど・・・
XBA-4はハウジングがあたってピッタリフィットした感じだから耳の小さな人はキツいかも。


そのあと、大須で生産終了となった貴重なコンデンサを買いに行きました。
主にHA10miniとちはら台アンプ、iMod用コンデンサボックス用です。



これだけで5192円!
安いかどうか判断するのはあなた次第。

Black GateもありますがRubycon Super Twistというコンデンサを今回新たに手を出してみました。
このコンデンサはコンデンサフィルムに何本かリード線を入れリード線から見たフィルムの巻き数を減らし、
リアクタンス(コイル的な作用)を減らすとんでもなく凄そうなコンデンサです。
あとTOWAの企業用に作っていたオーディオ用コンデンサの横流し品もゲット。
TOWAはフラットじゃないけど面白い音出すからiModのDockケーブルに最適。


あえてお勧めするなら以下の万人受けしやすい傾向の二機種

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-3SL XBA-3SLSONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-3SL XBA-3SL
(2011/12/10)
ソニー

商品詳細を見る


SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-1SL XBA-1SLSONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-1SL XBA-1SL
(2011/12/10)
ソニー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

tag : レビュー

コメントの投稿

非公開コメント

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。