スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各メーカ、ペアリングはどのような精度か?周波数特性で見る

左右のドライバーをペアリング(実測の後それに近いものを左右で組み合わせる)を行っている機種があります。
自分がペアリングされているとわかっている機種はEtymotic ResearchのER-4シリーズ、WestoneのWestone3、final audio designのFI-DC1601,1602シリーズなどがあります。
(他に個体にペアリングを行っている製品、メーカがありましたらお教えください。)

それぞれペアリングの証明としてEtymotic Researchは管理番号、もしくはER-4PTに関しては個体の周波数特性グラフの添付、Westoneはペアリングの検査書を付けていたと思います。
ペアリングはメーカのその製品に対する意気込みやユーザへの誠実さ、オーディオ、聴覚への真摯さの一部の現れだと考えております。
そんなわけでメーカのペアリング精度はどのくらい行えているのかを廉価ながらなかなかの性能のマイクWM-61Aを使って見ていきたいと思います。
環境はイヤホンへの出力CK4(LINE OUT)→Go-Vibe SharpsでCK4の終端コンデンサの容量不足により生ずるハイパスフィルタを無くしました。
マイクはおなじみWM-61A、イヤーピースは当然左右同じ、カプラへの差込も左右同じでイヤーピースのタワミに気をつけて測定。
グラフは赤がR(右)、青がL(左)です。

まずはER-4S。
なかなかの精度です。
3kHz以降若干の違いはありますがピーク部分が揃っていて聴覚上のクセの感じ方は少ないように思われます。
4k~7kHzの人間の感度の良い部分の差は少し気になりますけどこのピークの一致は素晴らしいです。


次にWestone3。
これもなかかな良い精度です。
ER-4Sより中高域の精度が良いです。
しかし100Hzあたりからの低域が左右で大きく違ってきています。
最終的に20Hzで8dBくらい差が出来ています。
もちろん音楽に含まれる低音の重要性で言えば20Hzの左右の誤差の大きさはたいしたことの無いように思えますのでそこまで神経質になる必要はないと思われます。


今回はペアリングのしてあるイヤホンだけの測定でしたが、次回のこのフォーラムではペアリングしていないメーカのイヤホンも測定していきたいと思います。
ちなみに1964 Earsの1964-Tも測定したデータが残っていましたが今回測定したデータと音圧レベルが違ったので乗せていません。
もちろんカスタムと言うだあってかなりの精度です。
前の公式の1964-Tの測定グラフと比べてみたで乗っていますので興味のある人はどうぞ
(http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-62.html)

Etymotic Research イヤホン ER4S-BEtymotic Research イヤホン ER4S-B
()
Windows

商品詳細を見る


Westone カナル型バランスドアーマチュア(3Way)ドライバ採用のハイエンドモデル WST-WESTONE3 ブラックWestone カナル型バランスドアーマチュア(3Way)ドライバ採用のハイエンドモデル WST-WESTONE3 ブラック
(2010/02/09)
ウェストン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

EX1000とEX800STはペアリング、というかマッチングしてますね

Re: No title

> EX1000とEX800STはペアリング、というかマッチングしてますね

コメントありがとうございます。
EX1000とEX800もそうでしたか。
調べてみると現行製品ではEX510、EX600、旧製品のEX500、EX90、EXQ1も
手作業による音響調節おそらくペアリング、理想特性への微調節をしているようですね。
公式サイトの表現の仕方ではEX1000が特に精度良く調節を行っているように思います。
残念ながら旧製品のハイエンド機のEX700は公式サイトの情報を見る限り音響調節はしていないようです。
機会があったら測定してみたいです。

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。