スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高音が改善されない1964-Tについて1964 Earsの設備面での疑問点

先日届きました1964-Tについての考察。
結局8kHzの異常なピークは改善されず刺さってしまっています。
正直、こんなにやりとりをしても問題が解決されないことは非常に悲しいことです。
そこで何故、言葉の壁の理由もあるのでしょうがここまでオーダーが理解されないのかの考察。
文句じゃあありませんよ?

↓が私が購入を決めるきっかけとなった1964-Tのグラフ。
1964T Official

低音域が1kHzより大体3dB程度持ち上がっていて、一番のピークは2kHzあたりで8kHzに山はあるもののそこまで主張していません。
公式のグラフからすると弱ドンシャリ~フラットと言えるのではないでしょうか?
ER-4Pに低音域ドライバを追加した感じ?

しかし・・・
↓がWM-61Aで測定した場合のグラフ、DAPはiPhone4


公式グラフあたりの2kHzの山は3kHzあたりに移動していますがグラフの形としては一致しています。
しかし8kHzのピークが公式のグラフと違ってかなり出てきています。
そこでとあるサイトで出力側のプレイヤーの出力インピーダンスでイヤホンの音が変化するということを知ったので、これが1964のグラフと自前のグラフの違いの原因ではないかと考えプレイヤー側のインピーダンスを測ってみました。

そうすると・・・
1964-T 0Ohm+16Ohm
16Ωをイヤホンの入力に挿入した場合、高音域の減衰がみられました。
この調子で抵抗値を増やしていったいくと以下のように抵抗値を上げるほど高音域と低音域が下がっていきました。
つまり中音寄りの音になったわけですね。
1964-T 0Ohm+320Ohm

これはいったいどういうことなのか?
文献もなにも調べず自前で考えたのはマルチBAではフィルタ回路が中音域あたりに入っているのでそこでインピーダンスが上がります。
したがってイヤホンの直前のケーブル、もしくは出力インピーダンスが高いとそこでエネルギーがロスされます。
しかしイヤホン側のインピーダンスの高い部分の周波数はそこでエネルギーを使います。
逆に低い部分のインピーダンスの周波数はエネルギーを出力インピーダンスでロスつまり使われて自前で使う分がとれない。
逆にケーブル抵抗、もしくは出力インピーダンスが低いとどの周波数でも使うエネルギーは元のまま使うことができる。
という考察。いや妄想かな?
電気工学系なのに電気回路が苦手でギリギリで単位を取ったバカ学生ですいません。

調べてみると・・・
出力インピーダンスが高いと、定電流駆動に近づいてしまってイヤホン側のインピーダンスでによって音が変化してしまうようです。
各周波数のインピーダンスと出力インピーダンスを以下のように計算することで、0Ωの出力インピーダンスの時の周波数特性グラフを引き算して単純に求められるそうです。

20log((ある周波数のイヤホン側インピーダンス)/((ある周波数のイヤホン側インピーダンス)+出力インピーダンス))=-x dB
iPhone4は出力インピーダンス1Ωですのでほぼ0Ωとみなして、イヤホンはあまりインピーダンスで変化しないことになります。

以上のことから1964 Earsのイヤホンの測定環境の検査音出力側のインピーダンスは測定マイクの特性がフラットであるかぎり、高い可能性があると推理できるのではないでしょうか?
妄想乙!になってしまいます?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PR

アクセス数
Twitter
 
プロフィール

crzgk

Author:crzgk
初めまして!オーディオ関係のブログを書いてます。
聴くだけでなく、測定し分析するそんなブログを目指しています。

Twitter ID:crz_gk

何か連絡したいことがあったらここへメールを
crzgk.fc2あっとまーくgmail.com (←あっとまーくを@に)

このブログを見るにあたっての
音響工学・オーディオ用語
http://crazygeek.blog96.fc2.com/blog-entry-126.html

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
Amazon
コンテンツ
レビュー一覧
リンク
PR
QRコード
QR
タグクラウドとサーチ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
Microsoft

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。